ぷるっと企画の活動日誌DX

ぷるっと企画の活動日誌。
漫画、イラスト、ゲーム、小説の情報を掲載。
http://puruttokikaku.com/

怒りの延焼

 なんとか部屋の大掃除も多少まとまってきました。今日はカーペットを買って敷いたので部屋の印象も変わって大満足です。


 と、本日の話題はそれではなく、最近自分の中で表面化してきたマイナスの側面について。


 前々から言っていることですが、私には大きな怒りという感情があります。もちろん、誰だって怒りは持っています。私以上に大きな怒りを持っている人間は計り知れず、それが制御できなければ実際のテロや事件に発展するわけです。


 が、最近は少しばかり過剰になってきておりまして、特に規律を乱すものを力付くで排除する、という傾向が強まっています。あるいは自分を束縛するものに対し、激しさで反抗するといったもの。当然、実際の行動に至る前に制御しますが、その衝動が激しいということです。抑えるのも一苦労です。


 これは十二英雄伝の悪い面が影響している可能性もあるのですが、十二英雄伝自体が私の持つ怒りで構成されていることも常々言っている通りですので、ここに解決すべき自己の問題点があるのですね。それを制御するために怒りを探求し、発散しているわけです。


 ただ、特に昨年あたりから悪い傾向が強まってきているので、「これはいかんな」と最近危惧しているわけです。幸か不幸か、十二英雄伝を書くときには怒りに満ち溢れて書けているので、RD事変に至っては描きやすいのですが、あくまで小説内にしておきたいところです。


 これにもいくつか原因がありまして、私はもともと規律を乱すものを嫌います。まあ、私のような相当なレベルの自由人が言うと驚愕に値する発言ですが、自由を主張するのはあくまで自分の中であって、誰かの権利を侵害しない、という強い信念があってこそですね。


 思えば、個人主義者というものは、相手の権利も同じくらい尊重するものでして、自由な人間ほど世間に迷惑をかけたがらないものです。そして、調和も重んじる。ただそこで、調和を乱すものに対しての怒りもあるわけです。


 これは私に限ったことではなく、人間は誰もが成長過程かつ未熟である以上、寛容さというものが必要なのですが、最近の社会は余裕を失っているせいか、たとえばすぐにギレるとか、怒り出すとか、あるいは何かに怒っているとか、そういった人が増えています。むしろ怒っていない人はいないのではないでしょうか? たぶん、誰かしら何かに怒っているはずです。


 ただ、怒りという感情はとても強い力です。陰湿さや恨みなど、他の悪い感情も恐ろしいですが、怒りというのは純粋性があるからこそ他のものより怖い感情にも思えます。特に怒りの感情はすぐに延焼します。まさに火ですね。紙や木材なら、あっという間に燃え広がります。拡大率という意味では非常に強い影響力を持っているわけです。


 だからこそ怒りは制御しないといけません。この力は強いからです。たとえば、恨みという感情は受けた当人や仲の良い人にしか伝染しませんが、怒りはすぐに伝染します。たとえば、北朝鮮で捕らえられたアメリカ人の青年が死亡しましたが、それに対して今まで興味がなかったアメリカ人でさえ、暴挙に怒りを感じる人は多いでしょう。こうして他の感情よりも率先して伝染するのが怒りなのです。


 怒りは恐ろしい力です。しかし逆に、これだけの怒りがあるということは、私に限っていってしまえば、それだけエネルギーが回復してきた証拠なのでしょう。これを再び制御できるようになれば、もっともっと大きなことができるはずです。


 私も今は力が溢れているのを感じています。怒りで力を消耗しなければ、これを作品にあてることができるはずです。もっともっと効率よく力を伝達できるようになるはずです。ですので、困った反面、そうしたピンチはチャンスにもなるのです。


 すべてのマイナスの現象には、必ず成長の種が潜んでいる。まさにそのことです。


 と、話がまた脱線しそうなので、このあたりで終わっておきます。ちょっとまた瞑想や修行を通じて怒りを使いこなせるように特訓してみます。といっても、人生をかけて臨むものなので、何十年かかるかわかりませんが・・・、この人生の間に制御できるようになればたいしたものです。


 やはりこの人生は、自分との闘い、それに尽きます。


 不思議なことに、知り合った誰もが私のことを修行僧みたいだ、と言います。そんなつもりはないのですが、考えてみれば常に自分と闘っている姿がそう見えるのでしょう。


 ではまた。








部屋の大掃除

 今度マンションの窓枠改修のために業者が部屋に入るらしく、慌てて部屋の掃除を始めました。まあ、普通に考えて男の部屋が綺麗なわけがない&何ヶ月か前に改装を途中でやめてボロボロだったので、今回ようやく改装を始めました。


 腰が・・・腰が重い。


 うーん、今日実感したのが腕力の弱さです。最近は少し鍛えているので大丈夫かと思ったのですが、十年前より確実に弱っていますね。うすうすパワー不足を危惧していましたが・・・うん、全然駄目ね。本棚一つでひいこら言ってます。体重も学生時代よりも十キロ以上は落ちているので、それも如実に出ているようです。昔は軽々持っていたのに・・・
 この前、ボクシングでチャンピオンが体重オーバーして具志堅さんが怒ったとかありましたが、体重の差ってそのままパワーになるんだなーと今回痛感しました。階級が厳密に分けられている意味がよくわかりました。


 当然、今日一日で終わるレベルではないので、まだ部屋は散らかっております。明日も腰を酷使する予定です(ノД`)。一昨日も用事があって出かけていたので、全然十二英雄伝も書いていませんね。まあ、まったりやっていくので書けるときに書けばよいのですが。


 特に書くべきことがありませんね・・・。


 ではまた!










さて

 あー、今日は休みです。久々にゆっくりします。というか、日々かなりゆっくり生きているので、外で走り回っている方々には申し訳ないとは思いますが・・・(〃゚д゚;A


 常々思いますが、私は自分が正しいと思ったことは遠慮なく本当にやってしまうのが特徴ですね。個人的に今の社会は慌しいと思っているので、ゆっくり生きるほうがいいと思います。


 たとえば定年制度。多くの人は年金が出るまで必死に働いて、定年後はいきなり何もしなくなって老け込んでボケるという現象がありますが、これって当然の話なんです。人間の能力は使わなくなれば衰えますから、できることならば常時使っていることが望ましいのです。


 一生で人間が活動できるエネルギーは一定だと考えてみてください。あとはそれをどのタイミングでどれだけ使うかです。定年燃え尽き系は、最初のほうに一気に使いすぎて体力も気力も全部失ってしまい、残りの人生をだらだらと生きることになります。


 結局、振り子のように反動がやってきているのです。それが大きいとダメージも大きくなります。成功も大きくなるかもしれませんが、病気や痴呆症になってしまっては楽しく?もないでしょう。まあ、そもそも地上生活なんて面白くもない、と言われてしまえばそのとおりではあるのですが、地上で生きている間は少しでもがんばったほうがよいのは間違いありません。


 私も燃え尽きなどを経験した結果、できるだけ平均的にやることを努めています。振り子をあまり揺らさないので、反動も少ないという感じです。たとえば、何か作品をやっていても一気に推し進めない。何か引っかかりがあったらしばらく寝かしておいて、すんなり進む方面のものをやる。その間に勉強しながら停止中のもののエネルギーと知識を蓄えておく。


 前者と後者の結果は同じでも、後者はだいぶ気楽に生きることができます。急がないのでイライラすることもなくなりますし、余計な騒動も減ります。それに年老いてからも活動し続けるので肉体や精神も維持されています。人間は百歳でもしっかりと立って働くことができるようにできています。それができないのは、今の社会の定説が少し変だからです。


 逆に考えれば、私も今まで生き急いできたので、その反動でこうしてゆっくりやっているのかもしれませんが。


 などなど、まったりしているとぐだぐだ書いてしまいますね。


 そうそう、十二英雄伝も少し進みましたね。あれは本当はRD事変の最後のところでやる予定だったのですが、時系列の問題で早めました。それに本当はRD事変そのものを数行で済ます予定だったのですが、改めてやってよかったと思います。今後の話の中にキャラの深みが出てきますからね。いきなり一章で色々やっても感情移入なんてできないでしょうし。始まりであるRD事変があるからこそ、今後の展開にも納得がいくわけです。


 と、十二英雄伝は楽しいのですが、けっこうエネルギー使うところがあるんですよね。なんだかんだいって、二万文字くらいの更新になるとかなり大変です。三回か四回は見直すことになりますしね。こればかりやっていると他のことが進まないので、適度に止めながら継続していく予定です。(必然的に絵の仕事が入って停滞するので、それが良い休みになっています)


 十二英雄伝と絵の仕事。これを考慮すると、それ以外にできるのは一つに限られますね。これ以上やると反動が大きくなってマイナスになるので、一つ一つ片付けていくのがよいのでしょう。とりあえずまずぷる汁5で実験ですね。ひとつ手慣らしして、また一つ一つやっていきましょう。


 ではまた。