園島義船、ぷるっと企画の活動日誌DX

ぷるっと企画の活動日誌。
漫画、イラスト、ゲーム、小説の情報を掲載。
http://puruttokikaku.com/

臨時メンテらしいので、20日の更新は0時予定

 小説家になろうが、20日の午前一時にメンテらしいです。


 がっちり更新時間と重なるので、20日は0時にアップを予定しています。


 1時~8時くらいまでメンテらしいですね。他作品含めて、いつも見る人はどうぞご注意くださいませー。


 毎日見ている人だとせっかくの楽しみがなくなってしまいますよね。私も楽しみにしている動画がないと「今週ないのかよ~!」と軽くショックですし。



 しかし、もう226話~とかなんですね。早いですなぁ。ただ、シャイナ編からが全体の半分以上を占めてしまったので、そんなにやっていたことに驚きです。抗争編を含めると相当長くはなりますけどね。


 まだ最初以来パミエルキが登場していないので、物語としては序盤も序盤です。ドラクエでいうとこいろの、まだアリアハンを出ていない状態ですね。最初の都市ですし。


 といっても、当初のプロットと違って、他の都市を色々見て回るのではなく、グラス・ギースを中心とした話にシフトしてあるので、これはこれでよいと思っています。


 パミエルキの活動拠点は南なので、北側のアンシュラオン、南のパミエルキという形で相互に情勢が絡み合うので、そこが一つの見所ではあります。


 ちなみに陽禅公とゼブラエスは東に行っているので、そのあたりは覇王継承編~で語られると思います。



 基本、この四者の視点で物事が語られるわけですが、安心してください。



 どのパートでも横暴さは変わりません。



 アンシュラオンは相変わらずですし、パミエルキはもっと酷い。彼女の場合、あまり残酷になりすぎないように気を遣わねばならないほどですしね。アンシュラオンより凶悪です。


 陽禅公の性格も、ほぼアンシュラオンなので問題ありません。おじいちゃんになって性欲が多少減退しているアンシュラオンといったところ。ただ、人を食った言動は相変わらずなので、もっとたちが悪いかもしれません。


 唯一まともなゼブラエスですが…脳筋なんでね。場合によってはアンシュラオンよりヤバイやつかもしれません。(死んだり殺すことに躊躇いがないのは同じ)



 パミちゃんはねー、当初アンシュラオンが女の子を集めているので、対抗して男を集めるという設定だったんですよ。そのほうが対比ができますし。


 が、私自身がキモくなってやめました。


 男を集めるなんて、そんな気持ち悪いことはできません。いやまあ、男の軍隊を作るのはたしかなんですが、あくまでメインキャラは女の子重視です。アンシュラオン編みたいに男もいますけどね。


 あと、嫌いな人がいたら申し訳ないのですが、パミエルキ編は男の娘も集めることになります。


 レズが嫌いなんで、仮に性行為を描くとすればこうするしかないのですね・・・。とはいえ、普通に♂と♀なので、そこはさして嫌悪感はないと思います。お姉さんが女装少年に絡むようなものですし。


 そのあたりは実際に書きながら調整していこうと思います。私が気持ち悪かったらやめます。そこが基準ですね。




 競馬ですが、ここ最近は基本本命筋がばっちり来ているので、予想を含めるとほぼ100に近い的中率ですが・・・逆に怖いですね。週末自分が大きく賭けた時に外れそうでね・・・


 まあ、それも競馬ってことで、外れたら涙で枕を濡らします。



 そんな感じです。


 ではまた!




小説家になろう「欠番覇王の異世界スレイブサーガ、小説家になろう」


「欠番覇王の異世界スレイブサーガ」 小説家になろう版


※クリエイター支援「Ci-en」

「十二英雄伝」 小説家になろう










人生とは「選択」である

 腰の痛みはだいぶなくなりましたが、やっぱり重いというのが本音ですね。運動するとまだ鈍い痛みを感じます。


 やっぱり寒さもありますよね。歳を取ったなぁと思う瞬間です。



 スレイブサーガは、ちょっとアンシュラオンの欲望丸出しになっていますが、自由に好き勝手やれるのが最高です。


 このあたりも前に自由にできなかったストレスなんでしょうね。うーん、今思ってもなぜ販売停止になったのか理解できないですが・・・まあ、闇の世界とはおさらばということで、平和に小説のほうでがんばっていきましょう。


 子供たちとちゅっちゅぺろぺろ王国を作りたいと思います。(気に入った)




 日曜日は父親に付き添って馬券売り場に行ってきましたね。三十年ぶりくらいです。


 しかしまあ、施設は綺麗でも中身は相変わらずですw


 いいですね。あの駄目人間臭。ネットで見ても競馬ファンは人間が出来ていないので、お互いにクズ同士(褒め言葉)が言い争っている姿は実に楽しいです。


 いいね、このカオスな空間。くっさいやつらがいるほうが世の中は楽しくなりますよ。まるで戦罪者の集まりです。


 だって普通に生きていたら、なかなかクズにはなれないものですよ。それがなぜかああなってしまう。これってすごいことです。


 まあ、私もその中の一人なわけですが。


 カオスだなー。まったくもって。


 ただ、綺麗ぶって中身は最悪の人間よりは、最初からクズ丸出しのほうが好感が持てます。そのあたりが実に素晴らしいです。隠そうとしないから男気がありますね。




 競馬は当たりましたね。中日新聞杯、カペラS、阪神JF、香港マイル、どれも予想通りにきました。四連勝です。


 といっても保険で買ったものがそこそこあって、そちらは全敗し、ペルシアンナイト応援企画でも損失を出し、さらに前の週に微減していたので、結局は二千円のプラスにしかなっていませんね。


 それもぱぱっとあげちゃったので、プラスマイナスゼロ、つまりは元手のままですね。



 うん、やってもやらなくても同じ



 という、なかなか笑える現象になっております。ドキドキしただけです。


 まあ、よほど勝負に徹しない限り、競馬なんてものは120~140%の回収率で良いほうらしいので、実に奥深いものですよ。


 ただ、いろいろと見ていると、競馬に詳しい人ほどデータを知っているので、穴目を狙ったり自分の好きなタイプがはっきりしているので意外と外すかなーという印象。


 私は素人なんで、素直に人気馬を買うので当たりやすいのでしょうね。


 何も知らないから一応意見は聞きますが、「普通にこの馬のほうが強いんじゃね?」というほうが本当に普通にきますね。


 あと個人的には距離とタイム、それだけを見ています。少なくとも私が買っているところでは、最近はタイムが速い馬が順当勝ちしているので、それを見て買っています。他のデータがあっても気にしないようにします。だって、よくわからないですしね。



 何事も素直に見るのがいいんだなーと思いました。


 絵にしても、下手に知識がついて慣れてくると、「この絵はあれだね、ここがこうでああで」とか言い出しますが、「この絵、いいね」とシンプルに思えるほうが素敵です。


 今のところ、競馬でもそれが当てはまっています。もちろん荒れることも多いから面白いんでしょうが、順当勝ちして勝つ楽しみを味わいたいものです。



 私なりに思うところが、距離は大事だなということ。できれば同じ距離で走って勝っている馬がいいですね。


 0.1~0.2秒で勝負が分かれる世界ですので、常にその距離で勝負している馬のほうが勝負勘があると思うんですよね。人間ならあれこれ考えられますが、馬だと感覚で覚えるしかないので、そのあたりは重要かなと素人なりに感じたところです。


 いくら練習でやっても、本番で感覚がないとどうかなーと。



 あと、強い馬は強い。これに尽きますね。



 逃げ馬だと内枠かどうかは重要ですが、どこでも勝つのが強い馬だと思います。


 たとえばアンシュラオンならば、どんな不利な条件でも勝つでしょうしね。ウサイン・ボルトのような選手なら、多少の慣れない距離だって勝つわけです。やっぱり強いから。


 そういう馬がいれば一番安心ですね。




 競馬は、直感力の向上と思い切りの良さを養うのも目的です。


 うろ覚えですが、一番~三番人気の馬が三位までに入る確率は90%以上だった気がします。これって普通の株よりは、よほど確率が高いのではないかと思うわけです。


 その中から一頭を選び出して勝負する。そこがまさに直感力の勝負です。


 これがなかなかいいですよ。迷いますが、最後は自分を信じられるようになります。自信を養うのにも案外いいんじゃないかなと。


 リスクを背負うことに慣れるのが目的なので、今のところは成功していますね。




 私にとって人生とは選択です。



 すべてが自己責任によって成り立っている以上、自分の人生は自分の選択によって導いていくべきです。


 スレイブサーガでもよく言っていますが、選んだ責任は自分にあるわけです。なぜならば、選ばない自由があるから。


 たとえば、何を大事にするのか、日々何をやるか、日々誰と付き合うか、あるいは付き合わないのか、そのすべてが自分の選択によって成り立つのです。


 だからこそ、利益も不利益も自分だけのものになります。


 仮にこれが他人によって決められるものならば、私の競馬の結果のように、何もしなくても変わらないということになります。それでは生きている意味などないでしょう。


 毎日好き勝手だらだら暮らしますよ。あるいは混乱を求めて争いをばら撒いて楽しみます。それこそスレイブサーガの世界です。


 たしかに神の法則と霊の指導によって、ある意味において自由意志などないのかもしれませんが、選ぶ選ばないは当人の自由です。


 だから排除が駄目とか言っている輩が不快でしょうがない。


 物事を選ぶということは、他の何かを切り捨てるということです。


 我々は常に何かを排除することで生きているわけです。私が絵や文章の能力を手にするために、どれだけ多くの若者の楽しみを切り捨ててきたか、アスリートがその能力を得るためにどれだけ苦労しているか。


 すべて割り切って生きているわけです。



 この生き方をすれば、誰かに依存することがなくなります。


 私が求めているのは、絶対的な個です。それを選ぶのも自分の選択なので、仮に失敗してもそれは自分が愚かだった、と思えるわけです。


 けっして他人が悪いから失敗したのではありません。それを選んだのも自分の意思なのです。


 みなさんも、ぜひどうぞ。この考えはいいですよ。


 ただ、個性が強くなる代わりに、無頼漢になるので注意が必要ですがw


 誰にも頼らなくなります。それも一長一短ですね。



 長い間、同じことを続けていると新しいことに対してチャレンジできなくなるので、競馬という舞台で思い切りの良さを養っている感じですね。


 金がかかっているから本気で選びます。それがいいわけです。


 私は人生そのものがギャンブルみたいな生き方をしているようなので、案外性に合っていることがわかりました。


 ただ、元から私にとって金なんてものはたいしたものじゃないんです。世の中をすべて自由に操るだけの金が得られないのならば、あまり興味がないのです。


 ですから、自分がになれる「創作」の世界が大好きです。


 作品こそが一番重要です。そこだけはぶれないで生きていますね。



 そんな感じです。ではまた!





小説家になろう「欠番覇王の異世界スレイブサーガ、小説家になろう」


「欠番覇王の異世界スレイブサーガ」 小説家になろう版


※クリエイター支援「Ci-en」

「十二英雄伝」 小説家になろう







なんとなく駄文

 相変わらず題名が思いつきませんね・・・


 とりあえず223話からアンシュラオンのパートに戻る予定です。ソブカも嫌いじゃないですが、読んでいる人はアンシュラオンのほうが面白いでしょうしね。


 ここまではプライリーラの紹介編だと思ってください。人柄や雰囲気を味わうためのステージです。「どうせあとでアンシュラオンにボロクソにされるんだろう?」という期待を高めるための場面ですw


 まあ、実際そうなんですが・・・仕方ない。第一階級の撃滅級魔獣を倒せるアンシュラオンなんで、普通の敵では相手になりません。


 撃滅級はハーレム殿下のゲームで、HPが五万超え攻撃力が最低1500以上、命中は分身以外でほぼ回避不可能、しかも二回行動してくるという凶悪さです。


 だいたい全体攻撃もしますので、下手をすると一撃でパーティーが全滅です。


 魔獣の攻撃は津波とか火炎で、術防御系スキルも通じないため、そのまま素通りが多いですしね。


 防御無視だとそのまま1500のダメージなので、フル強化戦士とかでないと死にます。ヨシュアなら即死ですよ。あの子、HP低いんでね…



 デアンカ・ギースの触手乱舞なんて、それが六回攻撃ですからね。相当やばいんですよ、あれ。防御強化(ガード機能)でないとアンシュラオンもダメージ受けますしね。


 そういった化け物に単独で勝てる男なので、それと比べるとね…いくら武人でも「超」が付かない限りは難しいです。


 たぶんグランバッハが三人いても勝てないですからね。


 そう考えると凄まじい強さですね。アンシュラオンは。(ジーガン三人なら勝てますが)


 いや、デルタ・ブライトが強すぎるんです。あれは汚い。説明がちょこっとあったように、すべての因子を30までフルに同時に使えるって・・・酷すぎる。ほんとチートです。


 現在のアンシュラオンの数値、戦士因子8と剣士因子6が同時に使えるだけでも卑怯です。劣化なしの戦士の耐久力を持った剣士因子6って化け物です。ラナー級ですからね。汚い。卑怯だ。だが、それがいい。



 あと、地味に説明がないですが、技の使用時に因子レベルの補正があります。


 スパロボで言えば、ニュータイプが付いていると回避や命中、ファンネルなどが強くなるのと同じ効果です。これが地味に響くので、下位技を使うだけでも補正で大ダメージとなるわけですね。


 ホウサンオーが剣衝一本であれだけやれている理由がそこにあります。しかもあの人は『剣の達人』、『剣の極み』などなど、スキルもやばいので強いのは当然でしょうか。


 それと戦って勝ってるラナーも怖ろしいですけどね。二人が戦ったら、現段階ではアンシュラオンが劣勢です。さすが紅虎の弟子。(やる気の有無もあります)




 競馬は、とりあえず日曜日のGIですかねー。一発勝負しますよ。


 もともと直感を磨くために始めたので、まさに勝負です。あと、香港マイルも買ってみたいんですよね。ペルシアンナイトが好きなんで。


 実は初めて自分で選んで当てた馬なので愛着があります。



 そんな感じです。


 ではまた。




小説家になろう「欠番覇王の異世界スレイブサーガ、小説家になろう」


「欠番覇王の異世界スレイブサーガ」 小説家になろう版


※クリエイター支援「Ci-en」

「十二英雄伝」 小説家になろう