園島義船、ぷるっと企画の活動日誌DX

ぷるっと企画の活動日誌。
漫画、イラスト、ゲーム、小説の情報を掲載。
http://puruttokikaku.com/

スレイブサーガ二周年!(半年半休載でしたが)

 本日5月25日で、スレイブサーガ連載二周年となります!1


 といっても皆さんご存じの通り、ここ半年はアップしたりしなかったりと、ほとんど休載に近い状態でした。まあ、最近は特にコロナもありましたしね。いろいろと難しかったです。


 まだ完全復活とはいきませんけど、これを契機に少しずつ連載のペースを取り戻そうと思っています。やりたいことはたくさんありますからね。


 あとはクオリティの問題ですが・・・そこはまあ、そのつど頑張ります(゚ー゚;A


 もともとそんなに個別のクオリティは高くないです。数の多さと所々にある熱い場面が印象に残る程度です。それを設定の多さで独自の世界観を生み出しているにすぎませんしね。


 今日アップ(26日午前一時)しますが、早く先に進むためにどうでもいいところはカットしていきます。ジングラス戦なんて今日のアップだけで終わりますしね。


 もちろん本来の流れだと二話分に相当するんですが、だらだらやっても仕方ないので文字数上げて一気に終わりです。ええ、ここはどうでもいいんです。


 団体戦自体はもうすぐ終わります。それでクロスライルのところが少し入って、それからようやくソイドファミリーのところを締めて、ソブカのところやって抗争編第四部は終わりです。


 話数でいえば・・・二十話もないかな? そこは文字数と、どれだけカットするかによって変わってきますね。


 それからしばらく自由行動になります。すっかり忘れられているガンプドルフたちも出てきますし、念願のスレイブ・ギアスを生み出す作業が始まります。うーん、長かった。ここでようやく本来の流れに戻る感じですね。


 本当はサリータたちの専用魔石はもっと先で手に入れる感じだったのですが、そこは前倒しでもいいかな?


 草案を書いているときは、サリータたちは量産型の魔石を少し改良したものを使っていました。それでも十分強いんですけど、戦力が釣り合わなくなってきた感じはありますよね・・・。ここはまだ書いてなかったので、新しく追加します。


 あ、ミャンメイの復活は早めです。あれを引っ張るつもりはなくて、多少相手側の事情がわかればいいかなーと思ってやったことです。あとは草案で仲間になっていた三名を入れるエピソードを入れるかもです。


 抗争編のラスト、言ってしまえばグラス・ギースのラストバトルですが、あれは様子を見て入れるタイミングを考えます。それをやればグラス・ギースでの争いはもう終わりで、あのイベントが発生するまではあまり動きはないかな?


 結局のところ、イベントをどのタイミングで挟むかだけの問題なんです。大きなイベントは決まっていて、どこでやるのが最適かなーと。(現状ちょっと失敗してますけど)


 ただ、それをやるには事前の説明というか、原因となった戦いを描かないと話がわからないので、そこが難しいところです。


 気分転換でパミエルキ編の最初をやりたいのですが、普通のアドベンチャーゲームのように後からやったほうがいいのか、「街」のザッピングみたいに交互にやったほうがいいのか・・・連載形式なら後者でもいいんですけどね。実際にすでにそうなりつつありますし。



 で、大きな話(戦記)としては、各勢力が動き出す必要があります。


 すでに勢力はいくつかあって、西側からの入植勢力と西側そのものの勢力があります。前者がガンプルドルフたちだとすれば、後者は本国のルシア派の連中です。他の入植地でも事情は同じですかね。似たり寄ったりです。ここは南の勢力と思えばいいです。


 それとすでに東側に定住している西側の人間と土着民族たち。これはすでにシェイクという名前が出ていたと思いますが、そういった人々です。ここにグラス・ギースも含まれます。


 三つ目は、東大陸のさらに東にある国々。大きな括りではハーレム殿下で出てきたガーネリア帝国も入るのですが、今回問題となるのはもう少し北側にある国家たちです。ミャンメイたちが前に住んでいた場所も、そうした国々との境目にあります。


 もともと火種はあるわけです。そこにアンシュラオンやパミエルキ、それ以外のやばい連中が関わることで大きな炎となっていきます。すでに魔王も介入していることからも、相当大きな動きになっているわけです。


 アンシュラオン自身が覇王の弟子・・・というか、覇王になりますからね。もう大混乱必至です。あんな男が覇王になった段階でやばいのはわかりますね。


 さらに裏側に賢人勢力の思惑もあるわけで、事態はますます激動の様相を呈してきます。あとは各勢力を束ねる「王」たちがいれば、大きな紛争へと突入するわけです。


 アンシュラオン視点では気ままに過ごすことも多いですけど、他のエピソードではこの「王」たちが生まれていく様子も描いていきます。


 すでに一人は名前は出てきましたね。ネイジアたちもその勢力の一つです。宗教団体に近いですけど、主に土着側の巨大勢力の一つとなります。形式的にはパミエルキの勢力と対立していますが、彼女はネイジアをいつでも潰せるので、利用しているといった関係となります。



 まだまだこれからが本番なので、引き続きご興味がおありの方は読んでいただければ幸いです!


 ではまた!





※クリエイター支援「Ci-en」








没頭して集中

 初期の頃にはよくやっていたのですが、私のアイデアの大半って寝起きと寝る前によく生まれるんですよね。


 たとえばイヤホンでその場面に応じた音楽を聴きながら、ベッドの上で目を閉じて想像あるいは妄想に耽る。このときに一番アイデアが出る気がします。寝起きは朝食後に軽い運動をしてから一時間から二時間、じっと座っているわけですけれど。


 ただ、それが毎日更新の忙しさであまりできなくなってから、徐々にクオリティが下がった気がするんですよね。途中まではそのようにしていましたが、さすがに時間が足りなくなってしまって・・・


 一回休憩したのもクオリティ維持のためなので、その意味ではあまり急いでやる必要はないのかな、とも思ったりはしています。その一方で期限がないと動き出さないので、そこのバランスが重要となります。


 うーん、曜日についてはまだ思案中です。私の中で期限は決めるかもしれませんが、対外的に公表するかは未定です。まあ、見る側としてはいつアップされるかわかっているほうが見やすいですけど、すでに数字を集めることが目的ではないですからね。


 なろうにアップしていた頃は、どのくらいまでいくんだろう?とか思って興味深かったので一応目標にはしていました。


 結論から言ってしまえば、1億アクセス以上は無理ですね。よほどのことがなければ、あれは不可能と感じました。四年くらいやっていれば一千万アクセスくらいはいけたんだとは思いますが・・・。


 ただ、期間の問題もありますよね。一ヶ月で数百万いけば相当ですから、そういうのとは比べられませんね。


 それ以前の問題として、私の作品自体が相当コアでニッチなものです。


 十二英雄伝とか、冷静に考えると笑っちゃいますよね。淡々とよくわからないものがアップされていくのですから、初めて見た人は「???」です。


 まあ、そこで興味を抱くとコアなファンの仲間入りですけど、もともと目的としている部分が「大多数への受けを狙ったもの」ではありませんから当然のことです。


 むしろ大多数に受けたものが気に入らない人向け?という感じでしょうか。


 うん、普通にやったらつまらないというか、二番煎じでは面白くありませんからね。同じものを題材にしているはずなのに、なぜか違うものになる不思議。そういった面白さもありますよね。


 このあたりはやっぱり、私がかつてのアリスソフト派だからかもしれません。今は知りませんけど、あの時代のアリスさんは尖ってましたね。あれがいいんです。


 というよりは時代が尖っていたのかなぁ? 現体制に逆らうものが多かった気がします。盗んだバイクの尾崎さんとかは有名ですけど、高校不良漫画とか全盛期でしたもんね。


 みんながどこかで今がおかしいことに気づいていた。


 そうした時代背景があったのだと思います。


 そして、その姿勢はこれからも続けていこうと思います。



 そうそう、ゲーム(ノベル?)で出すほうは、第一次魔人機大戦の前半部分の時代を使おうと思います。


 RD事変後、各地で反政府勢力が政権打倒する動きが加速していきます。いわゆる世界中でクーデターが起こるんですよね。これらはラーバーンの計略によって起こっていることですが、その中のほんの一つの小さなエピソードをエロゲーにする感じです。


 どこまで描くかわかりませんが、作り方としてはコロン娼婦館みたいな感じですかね。燃焼系のテイストを入れつつ、メインはエロにしてみる。みたいな。どれくらいになるかは検討中です。


 調子に乗って話に傾倒しすぎてエロが盛り上がらない。なんて結果になったらごめんなさい。


 そんな感じです。ではまた!





※クリエイター支援「Ci-en」









曜日を決めたほうがいいかな

 うーん、スケジュール管理がなかなか難しい。これは前からそうなんですけどねー。


 通常の仕事はいいとしても、小説だとスレイブサーガと十二英雄伝、あとはゲームの作業があります。どれを優先すべきか・・・苦悩しますね。


 スレイブサーガも書くだけなら短時間でできますが、アップする際の調整に時間がかかるのがネックです。ただ、もともと毎日更新用に書いていたので、適当に軽く書いていても問題はありません。


 そうなると、やっぱり曜日で決めたほうがいいんですかねー。できないときはしょうがないですけど。月曜日と金曜日?午前一時アップだとすれば、火曜日と土曜日といった感じになりそうですが・・・週二回でどこまで進めるかですよね。


 でも、そんなことを考えている間に時間が経過するので、とりあえず週2を想定して書き始めようとは思っています。ちょっと忘れ気味なのが怖いですけど。


 問題は十二英雄伝です。これは一回見直してから続きを書く予定です。これからカクヨム様のほうに一日一話ずつアップしていこうと思いますので、全部アップ終わって、HPにも移植できたら続きを検討する感じでしょうか。



 実際にアップしてみると見直す機会になるので、これはなかなかいいですね。誤字とかも見つかりますし。こっちは連載再開しても、さすがに週一で出せるかどうか。一話自体がそこそこ長いです。


 しかしまあ、スレイブサーガも十二英雄伝も、忙しい中でよく書いていたものです。特にスレイブサーガはやばいですね。毎日更新は鬼でした(>▽<;


 で、それ以外の時間はゲームのほうに費やします。


 ゲームはですね、前にコロン娼婦館がそうだったように、この設定をそのまま十二英雄伝とか他の媒体に生かせるようにはしたいです。とりあえず作っておいて、何かあったらその組織や関連したキャラを出すみたいな。


 どうせ作るのならば、あとから生かせるようにはしたいです。実際スレイブサーガの設定、キャラ原案の元となったのは、そうして別個に考えていた物語があったからです。それを参考にして作り替えたのがアンシュラオンというキャラです。


 あとは3dがどうなるか・・・ですよね。一応ソフトとか入れてみますけど、どこにデータがあるか・・・(そこから始まる)。ナイト・オブ・ザ・バーンを作ったときは、まだXPで作っていたんですかね? そういえばそんな気も・・・


 どうせ発掘しないといけませんから、またそのうちXPパソコンを付けてみます。ちょっとシステム周りが怪しい挙動を示していて、こないだ突然真っ暗になってびっくりしましたけどね(;^ω^) 2007年から使っていますから、さすがにもう歳ですよね・・・


 そんな感じです。


 次のスレイブサーガの更新は、25日(26日午前一時)を予定しています。


 ではまた!





※クリエイター支援「Ci-en」