園島義船、ぷるっと企画の活動日誌DX

ぷるっと企画の活動日誌。
漫画、イラスト、ゲーム、小説の情報を掲載。
http://puruttokikaku.com/

ダンジョンシステムの導入(懐かしい)

 絵の方の作業が入りますので、またしばらく小説三昧の日々にはお別れです。


 毎日更新は続けますのでご安心ください。先には進まない、という感じでしょうかね。



 それと、書き進めている時は普通に書いていたのですが、小説において少しつまらないなーと思うのが、すべての事象が全部自分の思い通りになることです。


 いや、それこそ小説の醍醐味ではあるのですが、ふと思ったわけです。


 少しでいいから不確定要素が欲しい、と。



 そして、導入することにしました。ええ、ハーレム殿下でもあったダンジョンシステムを!


 これですね、これ。ああ、懐かしい。




 もともとダンジョンという概念を入れる予定でしたので、思い切ってこのシステムを導入することにしました。


 潜入や制圧戦など、こちらから攻める際などに採用されます。スタートから進んで、たとえば道が分かれているとき、小説なら作者の判断で適当に理由をつけて決まったルートに進みますね。


 ここに乱数を導入して、どちらに行くかをランダムで決めます。


 絶対に発生するイベントはありますが、それ以外は不確定要素があるわけです。仮に普通に書いているとまだ出会わないキャラと、偶然そっちに行って出会う、という現象もあるわけです。


 その場合、そうして起こった不確定要素に対して、私は辻褄を合わせるような苦慮が発生します。


「おいおい、ここで出会ったらまずいだろう。まあ、これは適当にこうしておくか」みたいなことです。


 そう、これが楽しみになるわけです。意外な要素、「え? そっち行っちゃう?」みたいなところが生まれるわけですね。


 採掘とかできる場所にいけば、そこでアイテムをゲットするチャンスがあって、確率でレアアイテムが手に入ったりします。そのアイテムの種類も乱数で変化します。


 それを見て、このキャラにはこれを作ってあげよう、という考えが浮かんだりします。その不確定要素がキャラの成長に関わってくるわけですね。


 普通のゲームでも、宝箱を回収しないで、いきなりボスまで行っちゃうことがありますよね。そういうことも起こります。


 あとで回収できるイベントは回収しますが、アイテムが全部手に入るとは限りませんし、話の流れも台詞も変わっていくでしょう。


 こういった要素を多少導入することで、私自身が楽しみ、見ている人も楽しめるようになるかと思いました。まあ、実験ですけど導入してみます。


 あれ? これってTRPGじゃね?


 とか思いましたが、私の中ではゲーム的要素です。まあ、すべての根源がTRPGにあるので同じものですけれど。



 たぶん、あと4話くらいアップすると潜入戦があるので、そこでマップを追加して導入します。これは最初に出すわけにもいかないので、その場面が終わったら最後にマップを提示して、こっちに行ったらこうだった、というものも出していこうかとも思います。


 ちょっと雰囲気が変わるので、最初に説明を少し入れるかもしれません。突然主人公が訳のわからない行動を取り始めるとびっくりしますし。


 移動中の戦闘もランダムで発生するので、その回数によって消耗度も変わってきて、「今日はここで撤退、反省会をしてから再チャレンジ」という流れになるかもしれません。


 その際は相手の防衛が強化されていてまた違う展開になる、という可能性もあります。おお、楽しそうですね。書いているほうは、ですけど。


 その意味で完全なる小説とは少し違いますが、やっぱり根幹にはゲームというのがあるので、私には向いていそうです。


 全部ご都合主義ってのは、ずっと書いていると嫌になるものですからね。



 ではまた。



小説家になろう「欠番覇王の異世界スレイブサーガ、小説家になろう」


「欠番覇王の異世界スレイブサーガ」 小説家になろう版



※クリエイター支援「Ci-en」

「十二英雄伝」 小説家になろう






一応カクヨムにも投稿開始

 思えば昨年に登録したまま放置していたカクヨムさんにも、スレイブサーガを投稿始めました。


 そうですね・・・単純にいろいろなところに置いてあったほうが、たまたまでもすれ違う人が出てくるかな、といった程度の理由です。


 そういえばピクシブにも小説投稿機能があったな、とか思いましたが、ちょっと連載には不向きっぽい?のでやめておきました。


 カクヨムは使ってみると画像を使えない点以外は相当便利です。後からの編集も非常にやりやすいし、読むほうも右側に各話が表示されるのでブラウザみたいでとても見やすいです。


 小説家になろうとかはWEB小説って感じですが、ああやって読むと一つの本に入っている感じはしますね。ちょっとまだ仕様がよくわかっていないところもありますが、なかなかよいのではないでしょうか。


 正直、書き手と読み手の両方の使い勝手としてはカクヨムさんが一番いいんじゃないかと思ったくらいです。ただ、少し白くて使い始めたばかりの私には寂しさを感じちゃったりしますけど、逆にいえば余計なものがないので良いです。


 更新にあわせたかったので一気に投稿しちゃいました。あちらも午前一時に毎日アップという感じです。


 そんな感じです。
 ではまた。




小説家になろう「欠番覇王の異世界スレイブサーガ、小説家になろう」


「欠番覇王の異世界スレイブサーガ」 小説家になろう版



※クリエイター支援「Ci-en」

「十二英雄伝」 小説家になろう







どうしようもない欲求

 なんなんだろう、この気持ちは。昔もたしかに作品に対する情熱と欲求がありました。それはもう激しい炎のように。


 ただ、どちらかというと成功したいとか、そっちの気持ちが強かった気がします。もちろん根幹には大好きだから、ということがあったのでしょうが、外的な要素としての成功が欲しかったのかもしれません。


 しかし、歳を取った今はその純粋な部分といいますか、ただただ作品が作りたい欲求が非常に激しくあります。「オレは作品を書きたいんだ!!」という純粋な気持ちですね。これがものすごく強いです。


 そのうえで仕上げたいという気持ちが一番強いです。


 これはもちろん、今まで多くの作品が途上で終わっていることへの不満もあるのでしょう。それに加えて「やりきった感」を欲している自分もいるわけです。


 ハーレム殿下とかは、いろいろと不満な点はあっても「やりきった」「出しきった」という思いが強いので、非常に満足感がありました。やはり作品というのは区切りまでやりきってこそのものだと痛感しますね。


 小説も同じで、途上ではまだまだ物足りないわけです。それはやっぱりゲームという世界にいたせいでしょうね。仮に外的評価が良い悪いどちらであれ、自分の中で「この作品はやりきった」というものを感じたいわけです。


 そして、それまでは邪魔されたくないという気持ちも強くあります。全力で立ち向かって闘って燃え尽きる。それからならどんな評価でも受け入れますが、出し切るまでは戦い続けることに必死でありたいわけです。


 これもゲームの影響でしょうね。ゲーム作品は全部出来上がって出して、それから評価を受けるもの。だからすっきりしていますし、課題があれば次に生かそうと思えます。


 一方の小説は連載なので、やはり個人的には難しい側面もかなりあります。まあ、スレイブサーガとかは事前にだいぶ書いているので、連載であっても効果的に描けているほうだとは思います(自分の中では)


 何が言いたいかといえば、作品が作りたくて作りたくてしょうがなくて、今現在手がもう痛くなるほど書いているわけですが、それでもまったく衰えない、いやむしろますます作りたい欲求が高まっている状態にある、ということです。


 まったくもって不思議なものです。


 これも今すぐに起こったことではありません。イラストレーターとしてやっていた時に溜まっていたものが出ているにすぎません。やっぱり私は自分自身で世界を生み出していくほうが好きだし、自分にしかできないことを続けていきたいと感じたわけです。


 ただこうなると、仕事で書いていくという選択肢はほぼないのかな、という感じはしています。なんというか…仕事でやると何にしても、ものすごく狭苦しい時があるんですよね。はたしてそれは自分が求めていることなのか、と。


 自分の願いは、単純に作品を書いて楽しんでもらうこと。それも自由に。束縛なく。これは書き手だけではなく読み手もそうです。PCやスマホはないと駄目ですけれど、それ以外は制限がないもの。


 仕事(学校)で疲れて帰ってきて、寝る前に更新されているとちょっと嬉しい気持ちとか、朝の通勤通学で今日も更新されててちょっと楽しい、みたいな喜びを与えてあげたい気持ちが強いですね。


 ゲーム実況とか、楽しんでやっているのを見て自分も楽しい気持ちになったり、単純にそうした喜びが与えられればいいのかな、とも思っています。


 まあ所詮は「たまたま出会った」すれ違いの楽しさかもしれませんが、それでも楽しんだ瞬間は無駄にはなりませんし、すべての作品には作者の人生経験が宿っているもの。


 仮に一時的な楽しみであっても、それを読んだ人間には何かしらの影響を与えます。その中で何かを提供できればとは思うわけです。作品によって与えるものはだいぶ変わってきますけどね。


 仕事でやると本当に楽しくないんですよね。とても不思議なことです。あるいは今の仕事の概念が間違っているのか。私が日々提唱しているシステムになれば、そんな区別のない日々楽しい世界が来るのかもしれませんが、しかしそれはちょっとつまらないかもしれません。


 案外、世界に蔓延している未熟性というのは、闘う人間にとっては起爆剤にもなるわけです。前も言いましたけど、差別や貧困のような強いマイナス因子があるからこそ、爆発的なプラスの力が生まれることにもなります。


 私が今宿している炎も、何年ものマイナスから生まれたものです。熱くて燃えるようで、ただただ高く空を飛びたいという欲求が作品になっていく。それは面白いものです。


 むろん、人間は常に成長していくので、さっさとそうしたマイナス要素を消していくことが重要です。それが終わったら別の問題が必ず発生しますので、永遠とそれが続く過程で進化していくわけです。


 とまあ、駄文でした。




小説家になろう「欠番覇王の異世界スレイブサーガ、小説家になろう」


「欠番覇王の異世界スレイブサーガ」 小説家になろう版

※クリエイター支援「Ci-en」

「十二英雄伝」 小説家になろう