園島義船、ぷるっと企画の活動日誌DX

ぷるっと企画の活動日誌。
漫画、イラスト、ゲーム、小説の情報を掲載。
http://puruttokikaku.com/

29日の更新から「第二幕」開始。

 一応、スレイブサーガのネタは山ほどあります。ありすぎて困るくらいあるにはあるんですが・・・


 あんまり早く進みたくないなーというのが本音ですね。


 なんというか作品の世界が楽しすぎて、「ああ、もっと序盤を楽しんでいたい」という気持ちがあるわけです。


 ゲームをやっていて一番楽しいのが、序盤から中盤にかけてです。すべてが目新しくてドキドキしながら熱中する時間です。私はここが好きでしてね。面白いのでまだ進みたくない、という気持ちが強くなっているわけです。


 同時に味わい尽くしたいとも思っているので、一人ひとりのキャラもじっくり愛したいと思っています。もちろん全員は無理ですが、基本的にキャラへの愛着は触れたエピソードの数に比例するので、描けば描くほど人間味が出てきます。


 なので、いろいろと描きたいものがあるんですよね。


 もともとスレイブサーガは私が飽きるまで楽しむ、というコンセプトで始めたものなので、まさにしゃぶり尽くして楽しんでいる感じです。




 あっ、そうそう。


 十二英雄伝用に作っていたキャラをスレイブサーガのほうに移植する予定です。


 同じ燃焼系世界で、同じ歴史の中にあるのでこういうこともけっこうできるわけです。実際にハーレム殿下では、賊王街に出そうとしていたベクトラー兄弟を移植して、結果的には非常に役立ってくれたので、今回も同じようにやります。


 いやね、賢人の遺産と言えば何でも許されるのでいろいろと作っていたわけですが、やりすぎてしまったキャラについては「さすがにこれは・・・」と迷っていた部分があるわけです。


 が、スレイブサーガではデータやスキルが公開されてゲーム感が多少出ているので、ある程度無茶な設定でも許されるかなーと思って、移植をすることにしました。


 どうせ十二英雄伝で出るにしても、まだまだ相当先になるでしょうし、そもそも書けるのかすら怪しいので、それよりスレイブサーガに使ってしまいましょう。



 うん、燃えてきた。


 あいつが出てくると、だんだんと戦乱が激しくなっていきますね。まあ、パミエルキ編も長いので、やりたいことたくさんですね。考えるだけでワクワクします。



 あっ、次の次から第二幕が始まります。本格的に戦いが始まっていく感じですね。



 
 そんな感じです。


 ではまた!





小説家になろう「欠番覇王の異世界スレイブサーガ、小説家になろう」


「欠番覇王の異世界スレイブサーガ」 小説家になろう版


※クリエイター支援「Ci-en」

「十二英雄伝」 小説家になろう









一度またじっくりと潜るかも

 自分の心の中で連載当初の勢いがないのは、仕方のないことだと思っています。あの頃の欲求不満は異常でしたからね。


 ですが、多少衰えた(落ち着いた)とはいえ、私はまったくフロンティアへの愛情を失っていません。それどころか、まだまだやりことはたくさんあります。


 で、当初のパワーを取り戻すためにどうすればいいのかといえば、答えはとても簡単でした。


 外的世界を遮断して、実際に異世界に行って創造する。(訳:引きこもって作品の世界に没頭する)


 です。



 そう、私は物的世界が嫌いなので、触れれば触れるほど、どうしても力が抜けていくんですよね。怠惰で緩慢で醜い世界に嫌気が差すというか、力だけが吸われていく気がしてやる気が減退します。


 なので、基本的には引きこもってひたすら創作するのが、私にとってはベストの環境です。


 まあ、一日二話アップなどを経て、ようやく更新のペースが安定してきたので、また一度楽しいフロンティアの世界に潜って、ひたすら創作に没頭しようかと思っています。


 あの広大で自由な世界に赴くと、楽しくて楽しくてワクワクしてきますね。次は何をしてやろうかとアイデアも湧いてきます。



 私の中でスレイブサーガについて一つの区切りがついたので、これからは自分が好き勝手楽しむためにがんばっていく予定です。前から言っている、投稿は清書(置き場)にすぎない、というやつですね。


 実際の私は想像の世界(作品の世界)に住んでいて、そこで体験したことの一部(文字)が投稿によって知らされていく。それで読者の皆さんも追体験して楽しんでくれればいいな、というそんなニュアンスです。


 個人的にいろいろ試してきて悟ったのが、誰かを楽しませるには自分が一番楽しむこと、です。


 これは誰かを助けるためには自分自身でしっかり自己を制御しないといけない、のと同じ理屈です。


 たしかに自己満足と紙一重ですが、べつにそれが悪いとは思わないですね。結局何をやったところで、人間は自己満足でしか物事を行えません。自分という主観で動いているからです。


 他人の意見を聞いたところで、それを理解するのは自分です。その意味で、地上の人間は主観的にしか物事を捉えられないのです。


 ありきたりな台詞ですが、自分が楽しいと思わなければ、誰も楽しいと思わないものです。アダルトでいえば、自分がエロいと思わなければ、誰もエロいとは思わない、ですかね。有名な台詞ではありますけれど。



 というわけで、来月の目標はひたすらフロンティアを楽しむ、でしょうか。



 そんな感じです。駄文でした。


 ではまた!




小説家になろう「欠番覇王の異世界スレイブサーガ、小説家になろう」


「欠番覇王の異世界スレイブサーガ」 小説家になろう版


※クリエイター支援「Ci-en」

「十二英雄伝」 小説家になろう







連載五ヶ月でした

 すっかり忘れていましたが、スレイブサーガ連載五ヶ月でした。


 いやぁ…忙しくて忘れてましたね。ほんと最近、忙しくて…なかなか余裕がないですね。


 毎日連載を五ヶ月やってみましたが、それだけをずっとやっていられるならまだしも、他の作業もあるとけっこうしんどいですね。


 「え? もう日付が変わったの!?」と毎日が慌しく過ぎていきます。恐ろしいです。


 かといってラム肉の経験上、二日に一回にしては駄目なのを知っているので、どんなに苦しくても耐え抜くという方向でいく予定です。



 苦しい理由は、ストックに肉付けをすると楽しくて止まらなくなって、やりすぎてしまうことでしょうか。


 現在で、ようやくストック1が消化されようとしている段階です。いやぁ、ようやくかぁ・・・という感じですね。ストック1なんて連載前にはとっくに終わっていましたから。


 これが肉付けなしだったらストック3くらいまではいっていたかもしれませんが、それだと細かいところが描けないので、結果的にはこれでよかったと思っています。



 まあ、WEB小説は自分的には一番合っている場所かな、とは思います。


 もともと細かく描くので長い話が多いです。というより、ゲームで描けないような細かいところを描くのが本来の目的でした。


 ゲームでは嫌でもまとめないといけないので、仕方なく削ったエピソードも多いのですが、WEB小説ならば制限がないので好きなだけ描けます。


 うん、これがとても楽しいです。細かくやるたびに世界がまた深く広がっていく感じがします。


 本当はもっと細かくやりたいところもあるんですけどね・・・これでもある程度は妥協してやっています。それも毎日更新で追われる利点でしょうか。



 スレイブサーガは、もし自分が異世界に行ったら、という設定でもあるので、異世界での生活を楽しんでいる感じで書いています。


 やっぱりいいなぁ、フロンティアは。



 ではまた。


 また忙しい月末なので、なんとか耐えしのぎながらやっていきます。





小説家になろう「欠番覇王の異世界スレイブサーガ、小説家になろう」


「欠番覇王の異世界スレイブサーガ」 小説家になろう版


※クリエイター支援「Ci-en」

「十二英雄伝」 小説家になろう