園島義船、ぷるっと企画の活動日誌DX

ぷるっと企画の活動日誌。
漫画、イラスト、ゲーム、小説の情報を掲載。
http://puruttokikaku.com/

修正版 強さランキング

 あっ、いろいろと忘れていた・・・というより、あえて入れなかったのを含めた版です。


※追加は赤文字



0、王の中の王(ラーガ覚醒時)= ザ・カイン(閻羅王の本来の姿)
1、パミエルキ(魔人化) = 王の中の王
1.5 剣の王(ラーガ覚醒時)= 我王(賊王街)
2、パミエルキ = ゼブラエス(全盛期) = ホウサンオー(血脈使用時) = 紅虎(全力時)
3、ゼッカー(全ジュエル解放時)= スパルガン(聖王)= 太陽王
4、ハーレム(十二英雄伝時)= ヘターレ
5、ガガーランド = 大陸王
6、ゼブラエス(スレイブサーガ時) = 陽禅公 = 赤虎(不殺)
7、ラナー = アンシュラオン(魔人化) = スイレン = 紅虎
8、ホウサンオー(通常時)= バルディ(完全覚醒)
9、ジャラガン = ザウス(賊王街)= パイソン
10、アンシュラオン(現在投稿時) = シャーロン・V・V(全力解放時) = ヨシュア(勅命覚醒時)



 まあ、賊王街の設定と赤虎を追加した感じですね。10位ラインは混戦でして、がんばればエルダー・パワーの師範も入れる感じですが・・・いかんせん本当に混戦です。


 赤虎は人を殺さないのでランキングに入れていませんでした。常時ナサリリス戦のような戦い方をします。それが通じなければ戦闘力だけを奪うか防御に徹します。


 技量だけでいえば、最強の覇王と名高い陽禅公と互角の6位に入る実力者ってことですね。この段階で平常時の紅虎を超えていますけど。


 賊王街では我王(がおう)というもう一人の主人公キャラが出ますが、唯一通常の人間の状態でパミエルキ(平常時)に勝てる人物ですね。武を極限にまで磨いた男ですから。


 ザ・カインは閻羅王が十王となる前の姿、マスタープランによって生み出された最初の人間です。まさに最強ですが、同じく新人類の始祖となる王の中の王と同列になっています。


 気が付くと各作品のラスボスが最上位、という結果です。


 王の中の王も閻羅王もパミエルキも、作品の敵側の主役です。


 そうそう、大陸暦を作った大陸王とかも、スレイブサーガでは一応正体が明かされることになっています。


 スレイブサーガは、各作品の細かい設定を裏側から補足する役割もありますからね。


 読者やプレイヤーから見た燃焼系世界の真実、という感じでしょうか。


 作品の中で、彼らはその世界を本当の世界として必死に生きています。が、スレイブサーガは転生ものとして作っているので、その舞台裏も見えるわけです。


 そういう切り口が嫌いな人もいるでしょうし、私も昔は嫌でしたが、この世界をさまざまな方面から広げていって楽しむには、こういうやり方もいいかなと思っています。


 メインストーリーでは魔王についての情報もほぼ皆無ですが、スレイブサーガではけっこう出てくることになるので、そのあたりも補足できそうです。




 さて、今日も書いていきましょうか。


 モチベーションを保つのはたしかに難しい時もありますが、こうしてランキングを考えたりするとやる気も出ます。


 それだけ積み重ねてきたことを実感するからです。



 人生において何が成功なのかは、人それぞれ違うでしょう。


 私もいろいろと迷ってきました。


 唯一わかったのは、作品を作らねば生きてはいけない、ということ。


 私は正直、この物的世界が嫌いなので、嫌いになればなるほど創作意欲が湧きます。「こんな世界より、もっと面白い世界を創ってやる」という意欲が湧くからです。


 そこにあるのは、いつも言っているような不満や怒りです。


 少なくともこれが私にとっての最大の力なのでしょう。それがある限り、私が本気で納得しない限りは作品を作り続けるしかないのです。


 絵は正直、面倒くさいというのが本音にあるので、比較的簡単に終わることができましたが、はたして物語はどうなのか。自分でもその終わりが知りたいと思っています。


 よくゲームの主人公で、よくわからない理由で行動する人物がいますが、今はその気持ちもわかりますね。それがどんなことであれ、当人が納得しなければ先には進めないってことです。


 私には自分がやるべきことも、おそらくそうするべきことも理解しています。


 それでもなお、自分が納得するまではそれに集中できない。ならばもう迷うことはありません。ひたすら自分を焦がして作り続けるだけのことです。



 そんな感じです。


 ではまた!





小説家になろう「欠番覇王の異世界スレイブサーガ、小説家になろう」


「欠番覇王の異世界スレイブサーガ」 小説家になろう版


※クリエイター支援「Ci-en」

「十二英雄伝」 小説家になろう







強さランキング

 まあ、一応格闘漫画小説なんでね、強さランキングを考える時もありますね。昔はよく訊かれたこともあったので・・・


 年代が違うので一概には比べられないところもありますが・・・うーん。


 とりあえず公開されているハーレム殿下、十二英雄伝、スレイブサーガでいえば…(ちょっと賊王街も入れると)


1、パミエルキ(魔人化) = 王の中の王
2、パミエルキ = ゼブラエス(賊王街時) = ホウサンオー(血脈使用時) = 紅虎(全力時)
3、ゼッカー(全ジュエル解放時)
4、ハーレム(十二英雄伝時)= ヘターレ
5、ガガーランド
6、ゼブラエス(スレイブサーガ時) = 陽禅公
7、ラナー = アンシュラオン(魔人化) = スイレン = 紅虎
8、ホウサンオー(通常時)
9、ジャラガン
10、アンシュラオン(現在投稿時) = シャーロン・V・V(全力解放時) = ヨシュア(勅命覚醒時)



 結局、バーンが居並んでしまいますね。十二英雄の中ではダイダロンが入りそうですが、本編で出てきていないので・・・まあいいかなと。入るとしたらジャラガンの同列9位あたりになりそうですが、彼も成長していくので初期では微妙なところ。


 本当はアンシュラオンより強いやつはまだいるんですけど、とりあえず出ている範囲では、という感じでしょうかね。


 ゼッカーは難しいところですね・・・とはいえ、血脈使用時のホウサンオーが相当強いので・・・まあ、ドーピングもしていますからね。



 前も言いましたけど、現在のアンシュラオンってジャラガン(ゼブラエスの弟子)と似たくらいの実力者ですが、戦いになったらたぶん逃げますね


 戦うメリットがないので、あいつは逃げます。まともに打ち合うこともしません。防御を続けて逃げる頃合を見計らいます。


 一応、ジャラガンのHPは65000くらいあるので、普通に戦うと大変な相手ですが、アンシュラオンは命気が使えるので、BP消費の代わりに毎ターン回復できるのが強みでしょうか。



 このランキングも難しいです。


 神機込みだと話がややこしくなりますしね・・・。ゼッカーはガイゼルバインあってこそですし、そうなるとアンシュラオンだってロード・オブ・ザ・ファングがあるわけで、さすが覇王ってことになってしまいますからね。難しいです。


 ジーガンはね、老齢なんでひとまず置いておきました。ハイテッシモ込みなら、アンシュラオンと同列に入ってもいい感じですけどね。



 無意味な脳内設定でした。


 ではまた。



小説家になろう「欠番覇王の異世界スレイブサーガ、小説家になろう」


「欠番覇王の異世界スレイブサーガ」 小説家になろう版


※クリエイター支援「Ci-en」

「十二英雄伝」 小説家になろう









まあ、まったりやってます。

 まったりやってますねー。


 相変わらず特に話すネタがないです。何も変わらない日々ですし・・・。


 最近ずっと言っていますが、ストック案とはだいぶ変わってきたので、ネタはストックから抽出していますが、ほぼ新規で書いているような気分ですね。


 こうなるとストックはまるで当てにできないです。そして、今後もかなり追加があるんじゃないかと思います。


 個人的にはそのほうが楽しめますし、だらけないで済むので大歓迎です。大変ですけど・・・



 全然関係ない話ですが、書いている作者としては分け隔てなく出番を与えているつもりですが、その中でも好きなキャラというのは出てきます。


 スレイブサーガの場合は・・・どうかなぁ。まあ、主役級は全員好きですけどね。アンシュラオンもパミエルキもゼブラエスも大好きです。


 当然、サナも大好きですね。サナは喋り始めても大人になるまでは片言なので(大人になっても一部片言ですが)、それはそれで大好きです。


 準主役となると・・・意外とシャイナが一番好きかもしれないですね。他の女性とは違う反応をしますからね。会話が弾むキャラが好きなのかもしれません。


 他の女の子は・・・本格的に育成が始まるとかわいそうなシーンが多いのでね。だんだん同情すら感じ始めて、誰が好きという概念すらなくなりつつあります。



 そんな感じです。


 ではまた!




小説家になろう「欠番覇王の異世界スレイブサーガ、小説家になろう」


「欠番覇王の異世界スレイブサーガ」 小説家になろう版


※クリエイター支援「Ci-en」

「十二英雄伝」 小説家になろう