園島義船、ぷるっと企画の活動日誌DX

ぷるっと企画の活動日誌。
漫画、イラスト、ゲーム、小説の情報を掲載。
http://puruttokikaku.com/

興味がなくなると一気に下手になる

うーん、ここ一ヶ月弱はずっと絵本ばかりやっていたので
美少女系の絵が一気に下手になった気がします。
技量が衰えるわけではないですが感覚が変わるので切り替えがまだ難しいです。


まあ、美少女系に興味がまったくなくなったので、
そのあたりも影響していそうです。
人間、興味がないものに対して気力を維持するのは難しいものです。
そこは集中力を身につければなんとかなるのですが、
やっぱり全身全霊で挑むよりは下手になると思います。
改めて絵や作品は心で作るのだと実感します。


そうですね、私が学生時代に見たイラストの本で
「三十歳までに理論で描けるようになったほうがいい」とありまして、
それが今になって役立っているのがわかります。
私が言うところの「自分の絵の解剖学」を身につけると
どんなにブランクがあっても絵を描くことができます。


通常の解剖学を学び、人体のだいたいのバランスを会得し、
それを自分の絵、美少女絵ならば美少女絵に当てはめるのです。
通常は二分できるものであっても、この絵柄だと股まで何頭身とか、
足を長くしてここまで収めるとか、自分なりにバランスを作ってしまいます。
そうすると特に考えることもなく「設計」でそれを描けます。


ただ、今の私は芸術性をもっと求めていますので、
それがどうも人形を作っているようで少しばかりつらいのです。
絵とはもっと創造性があるべきだと常々思っています。
そうでなければ存在している意味がないのだとさえ思っていました。
今でもそれは同じ気持ちです。


たとえばレイヤーを作って差分を描きます。
これはとても便利なのですが、その段階で絵としての完成度は落ちるわけです。
絵は一枚で大きな流れと力と美を表現しています。
レイヤーも調整はするのですが、完全なる統一体と比べればやはり見劣りします。
昔からそこがずっと嫌だったんですよね。


仕方ないのでやっていましたが、
絵本をやり出して、やはり絵の芸術性は一枚で表現すべきだと実感しました。
そしてもっと自由に羽ばたく必要があるのだと。


私もしばらくはガチガチになると思います。
凝り固まった概念を取り払うために数年はかかるかもしれません。
それから作る作品こそが、もっともっと可能性を感じさせるものになるでしょう。
まずはこうした設計で生み出してしまった硬さを取っていきたいと思います。
頭と同じですね。頭がガチガチだとシステム論ばかりになってしまって
生命の美しさを感じることができなくなります。
心で感じる。感覚をもっと鋭敏にしていきたいものです。



ポメラDM100が来ました

さすがヨドバシ、翌日届くのが嬉しいです。
ということでポメラDM100が来ました。


最初に見た印象は


でかっ!


でした。箱がすでにでかいです。
そして開けても大きかったです。


DM20のコンパクトとはそもそも目指すところが違うようです。
正直言えば私は家でしか使わないので大きいほうがよいです。
この点はグッドです。いちいち折りたたむのが面倒でしたし。


メモリも明らかに向上しており(説明書では128MB)
一万文字を超える文章でも保存に時間がかかりません。
一瞬です。DM20だと「保存しています」とかいって数秒待たされるので
最初保存したことに気がつきませんでした。
「あれ?出ないな」と思っていたら即保存できていました。


あと何気に嬉しいのが二つのファイルを同時に編集できることです。
十二英雄伝とか書いていると技とかたまに忘れるんですよね。
「あー、あれあれ、なんだっけ?」といちいち説明が長いのでいつも忘れます。
そうなんです。技の名前ではなく技の詳細を忘れます。
なので困った時は下に表示させておけばよいのです。
といっても片方やっている時は片方は消えているっぽいですが・・・


あとバックライト。
うーん、ここはまだわかりません。
私は目に優しいほうがいいので、DM20の無ライトがよかったです。
が、バックライト自体はあると便利ではあります。


外装なんですが、DM20とは違って
たぶん高級感のあるプラスチックなんですよね。
これの見た目はかなり良いです。


私が買い替える原因となった経年劣化のべたつきは、
たしか樹脂コーティングがはげてべたつく、みたいな説明だった気がします。
なので、そこはたぶん改善されています。
見た瞬間「うぉっ、高級感がある!」と驚いたのは、この部分が大きいです。


ただ、ここで一つ落とし穴。


私は蛍光灯(スタンド)を真上から照らしているのですが、
なんと高級プラスチックに光が反射して、めっちゃ眩しいのです。
これはびっくりしました。
外装べたつきの恐れがなくなったのは大助かりなのですが、
まさか反射するとは・・・樹脂版はマット仕上がりでしたので反射しません。
その代わり樹脂はべたつくという罠がありますが。


結果的にDM100のほうが良いのは間違いありません。
べたつきNO,NOべたつき、消えろべたつき宣言している状態ですから、
その可能性がないのは大いなるプラスです。
汚れてもクリーニングクロスで拭けば問題ありません。


で、昨日はそこに黒い紙を置いて反射を抑えていました。
これならば問題ないです。
まあ、蛍光灯を消してバックライトでやる手もあるのですが、
目が悪くなったのでバックライトを強くしないとよく見えないのですね。
文字もあまり大きくするとジャギーが・・・あまりに酷いですから、
そうならないギリギリの大きさでやると今度は目がつらい。


なので、こうして反射を抑えて標準のバックライト設定に
蛍光灯で少し照らすととても見やすかったです。


それと液晶なのですが、縦のを強引に横につけているとか
色々と言われておりましたが私は特に気になりませんでした。
保護フィルムは、DM20は張っていなかった・・・というか
モノクロだったので最初から頭になかったのですね。
DM20時代は、埃も蛍光灯で照らすと若干わかるくらいですし、
作業中はまったく気になりませんでしたしね。


液晶が汚れたら・・・何で拭いていたんでしょうか?
眼鏡クリーナーふきふきで拭いたかもしれません。
でも、あれってエタノール系(イソプロピルアルコール)なので
本当は液晶駄目っぽいです。(裏の説明に書いてありました)

まあ、この知識も無水エタノール買ったときに初めて知ったのです(;^_^A
無水エタノールを含ませた布がDM20の画面に触れてしまったのですが、
その部分はもう完全に白くなって死んでました。
なのでたぶんメガネクリーナーやアルコール系は液晶にはNGですね。


ですから、保護フィルム買いました。
仕方ないですが、あったほうがいいですよね。たぶん。
しかも今書いている最中に届きましたw
が、ヨドバシで売っていたのは評判が悪いほうでして、
ちょっと気泡入りそうで居間から怯えています。

最近の保護フィルムって気泡が入っても二週間くらいで消えるんですよね。
スマホのやつも3DSのやつも、最初は入ったのですが
知らないあいだに消えていました。
この商品もそうであればよいのですが・・・


ああ、そうでした。
あとね、キータッチが・・・硬いです!
DM20はどちらかというと柔らかいというか浅いというか、
カシャカシャ、カチャカチャという感じでしたが、DM100は普通に硬かったです。
ゴスゴス押さないと駄目な感じです。
買ったばかりなのでそうなのかもしれませんが、
一時間やったら指と肩が痛くなりました。
これはそのうち柔らかくなるでしょうね。なりすぎると困りますが・・・


あとは辞書があるのがありがたい!!!
ポメラはもう変換がアホな子なので、ひたすら自分で辞書を作ってカバーしないといけません。
当たり前に出るであろう文字ですら出ないのですから困りものです。


が、それもまた可愛いところです。ポメラ愛があれば問題ありません。
そもそも私の変換が特殊すぎて「戦気(せんき)」「剣気(けんき)」とかですから
そのあたりは気になりませんね。

そして辞書の文章をコピーできるので、変換できなければ辞書にそのまま追加できます。
これは実はかなり大きいです。
今まではPCで変換したテキストをポメラで読み込んで登録していました。
その手間が省けるのはすばらしい。
たとえば「咆(ほ)える」とか出ないので、こうしてPCで変換する必要があったわけですね。


乗り換える方も安心です。
今までの辞書データをそのままSDカード経由でインポートできます。


あと赤外線でデータをスマホに送れるのが一番嬉しいです。
これで小説のアップも楽になりますね。



ひとまずそんな感じです。
ポメラなくして生きていけないので、ぜひとも正統な後続機が出てほしいものです。
これを書いていて改めて思いました


めっちゃポメラ好き


です。
だからマイナス部分があっても全部受け入れてしまいます。
あと注意点は電池が単四から単三になっています。
私はたまたまデジカメ用に単三のエボルタを買っていたので
そのまま普通に使えましたが、DM20は単四ですから改めて買う人はご注意を。
丸電池も2016に型番が変わっていますので、ここも注意です。




ポメラがついにお亡くなりに・・・

ポメラのDM20を使っていましたが、ついに終わる日が来ました。
正確にはまだ使えます。中身はまだまだ現役です。


が、外装がべたべたになってしまったのです。


これがもう相当な不快レベルで、昨日から文章が書けない状態です。
経年劣化はレビューでも言われていたもので、私も頭の隅にはありました。
実際このレベルだとたしかに使う気が・・・


ただ、私にも大きな過失がありまして、
たまたまモニターを掃除した時に、
液晶用のティッシュクリーナーでポメラを拭いたのです。
それが悲劇の始まりでした。それからべたつきが強くなったのです。


といっても、実は過去何度か拭いていて大丈夫でした。
もしかしたら本当は駄目だったのかもしれませんが、
すでに古いもので若干乾燥気味だったんです。
今回たまたま新しい汁たっぷりのものを使ったら、一気にべたつき始めたので、
おそらくもともと駄目だったっぽいですね・・・。
それプラス経年劣化があいまって一気に破滅の道を歩んでしまったのでしょう。


一応努力はしたんです。
べたつきが解消されるという無水エタノールを買って拭いてみました。


うん、これ駄目ね ・゚・(ノД`;)・゚・


無水エタノール自体はとても強力でお掃除にはお勧めです。
普通のラバーならば大丈夫です。
ポメラも画面に使われているラバーならば綺麗になりました。
が、背面や側面に使われているものは材質が違ったようで、
こちらは何度拭いてもべたべたが直らず、むしろ悪化しました。
これが決め手となってさよならとなったのです・・・(ノД`)


しょうがないです。
思えば少し挙動が重かったりしていたので「そろそろやばいかな?」とは思っていました。
さらに小さくまとまるギミックが壊れて、完全に閉まらない状態でした。
こうして考えるとかなりボロボロだったかもしれません。

ただ惜しい。あまりに寂しい別れ方でした。
そういえばヨドバシの五年間延長に入っていて、まだ期間中っぽいですが、


たぶんべたべたは無理なんじゃないかな


と思ったので、もういいかなと思っています。
もうヨドバシ(ドットコム)自体では販売終了していますし、触りたくないというのが本音です。


ポメラがないと文章が書けません。
もうポメラなしには書く気力が湧かないのです。
なので今日即座にDM100を注文しました。躊躇はなかったですね。
おそらくここ五年間で買った中で一番有意義だったのがポメラです。
スマホやタブレットを抑えてのポメラですから、その便利さがわかるというものでしょう。


結果的には買って損はないですし、ポメラの新作も出ないので(ウィンドウズになって出ましたが)
今のうちにDM100は一つ欲しかったのは事実です。
仮に新しいのが出ても予備として持てるのは大きなメリットですから
これほど迷いなく注文したものも珍しいといった感じです。


もうなんかべたつきに過剰反応していますよ。
過剰反応すると気になって気になって、普段なら気にならない程度でも
「もしかしてべたついているのか!?」と思ったりしちゃいます。

そして何度も手を洗い、逆に油分がなくなって変にべたついた感覚だけが残るという、事実に恐ろしい負の連鎖の中にいます。


やっぱりね、水で少し湿らせた布で軽く拭くのが一番のお手入れだと思います。
薬品は強力ですから、最後の手段にしたほうがよいと改めて思いました。





そんな感じです。