園島義船、ぷるっと企画の活動日誌DX

ぷるっと企画の活動日誌。
漫画、イラスト、ゲーム、小説の情報を掲載。
http://puruttokikaku.com/

うん、書いてます

 小説は楽しいですね。書いてます。


 次回更新は、ネルジーナとクマーリアの戦いの続きです。


 クマーリアを書いていると、ルヴァナットの不遇を思い知ります。なんであいつは省略されたのか・・・。うん、女の子優先だから、かな。見も蓋もないですが。まあ、ナサリリスのところは書いていて楽しいので、しょうがないですね。個性の差でしょうか。


 それと、少しずつジュエルの登場機会も増えてきています


 魔人機大戦は、別名「魔石戦争」とも呼ばれるくらいに、大量のジュエルが登場します。同時に、ジュエリストたちも大勢出ます。なにせ、十二英雄全員がジュエルを使いますし、主要人物や強い武人たちも、多くが持っています。


 これは賊王街の特設ページを出していた、2007年頃から予定していた設定なので、その意味では予定通りですね。


 賊王街時は、大戦で魔石が消費されすぎて枯渇している状態、という設定になっています。なので、あまりジュエリストが出てこず、なおかつ希少な存在になっています。


 ジュエルが出てくると、特殊な条件下になることが多いので、それだけ話が盛り上がりますが、場合によっては「そりゃないよ!」になるので、そこは気をつけないといけません。ルヴァナットのジュエルだって、ある意味反則ですからね。



 ふと思いましたが、どれだけやれるかわかりませんが、もしものすごくがんばって十二英雄伝がかなり進めば、もしかしたら私の人生の中で、賊王街を小説として完成させるチャンスも出てくるかもしれない、と感じました。


 まあ、いまさら私自身は賊王街に未練はないのですが、気が付くと、ハーレム殿下、十二英雄伝と、実に順番通りに作品を作っています。これはまったく意図していない結果です。こうなれば、賊王街も完成させたい気もしてきますが、今からそんなことを考えるのは無謀というものでしょうね。


 それに、十二英雄伝の設定を生かすと思うので、だいぶ内容も変わってきそうです。大筋は変わらずとも、少なくとも登場人物には影響を与えそうですね。それはそれで楽しみですが、十二英雄伝が終わらなくては意味がありません。その可能性も少しはある、という感じでしょうか。


 賊王街は、完全に展開が少年漫画ですね。野良肉、ハーレム殿下、十二英雄伝、賊王街と進むごとに、だんだん理不尽に、なおかつ熱血仕様となってきます。なので、理不尽なのは仕方ないのです。熱い想いは、天すら割るのですから。


 しかしまあ、小説はけっこう疲れますね。案外肉体労働のような気もします。


 そんな感じです。
 ではまた。



※クリエイター支援「Ci-en」↑

「十二英雄伝」 小説家になろう





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。