園島義船、ぷるっと企画の活動日誌DX

ぷるっと企画の活動日誌。
漫画、イラスト、ゲーム、小説の情報を掲載。
http://puruttokikaku.com/

スレイブサーガ 34話 更新予定

 ですね。


 今回は鬼畜アンシュラオンです。


 まあ、アンシュラオンという主人公にはさまざまな側面があって、人間というものをよく表現できている人物だと自分でも思います。優しさも陽気さもあり、残酷で快楽主義者で律義者ありながら自由でもあるわけです。


 で、アンシュラオンの中には弱いものをなぶることを楽しむ感情もあります。私自身もけっこうドSな側面があるので、アンシュラオンを描いていると自分自身であるかのように錯覚することがありますね。


 色々な表情があるので書いていて楽しいキャラです。


 まあ、女の子たちが出てくるとアンシュラオン自身が戦う機会があまりないので、最初のほうが出番多いかもしれませんね。もちろん強敵とは戦いますが、パミエルキ以外はほぼ敵ではないですからね。


 もしかしたら・・・というか、たぶんパミエルキ編も書くとは思います。もう一人の主人公ですからね。


 ただね、アンシュラオンより相当ドSな人なのでね・・・表現が相当きつくなりそうで怖いです。暴力的な支配の権化なんでね、あの人は。より強権的な「最強もの」のジャンルには近くなりそうですけど・・・不安すぎます。


 アンシュラオン編でもパミエルキ編を多少匂わせたりしますが、実際に描くのはまだ先でしょうかね。アンシュラオン編で一つの区切りがあってから切り替えると思いますし、あまりそっちを描きすぎるのもどうかなと考えています。


 が、たぶんだらだらと楽しみながら描くんだろうなーと思っています。もう創作が楽しくてしょうがないですから。



 さて、今日はサッカーですね。楽しみにしています。


 ではまた。



小説家になろう「欠番覇王の異世界スレイブサーガ、小説家になろう」


「欠番覇王の異世界スレイブサーガ」 小説家になろう版

※クリエイター支援「Ci-en」

「十二英雄伝」 小説家になろう








それなりに(スレイブサーガ毎日更新中)

 やっています。


 ただそうですね、こうしてずっと創作にのめり込むと当然疲れますし、新しいものを得られないちょっとした不安を覚えることがあります。


 まあ、今こうして書いているもの自体がここ数年間蓄えていたことを出しているので、まだまだネタはあって、むしろ出しても出しても出しきれない状態にありますから、そんなに気にすることはないのでしょう。


 またその時期になれば色々な作品に夢中になって、そこでエネルギーを補充すればいいだけのことですね。一応、dアニメストアでアニメとかは見ていますし。


 まあ、書くのが一番の楽しみであるので、唯一気をつけるのは体調面ですかね。疲れだけはどうしようもないですし・・・。


 楽しいから夢中になって書いていて、夜になると「あれ? なんか指の動きが遅く…」となって自分が疲れていることを知ったりします。



 さて、あと一週間も経てば連載開始して一ヶ月ですね。


 正直ストーリー的に「あれ? まだここなの?」という感じですが、それだけ余裕があるのはよいことです。この段階で作戦は成功しましたね。


 今月はそうですね…サナを手に入れるところの途中くらいまではいく…でしょうか? 


 今ストックで書いているところが、話数でいえば200何十話…くらいかな? このあたりは投稿時に加筆修正すると増えるので細かくはわからないんですが、150話を超えるあたりから少しずつ戦闘も本格化していきます。


 ただこれも先は長いんですよね。女の子を一から鍛えるので、しごきまくる日々です。いや、卑猥な意味ではなくて…。



 そんな感じです。
 ではまた。




「欠番覇王の異世界スレイブサーガ」 小説家になろう版

※クリエイター支援「Ci-en」

「十二英雄伝」 小説家になろう









スレイブサーガ 毎日午前0時(なろうは午前1時)更新中


 毎日更新していますので、よろしくです(*'-'*)




 ストックはいつの間にか30万文字を越えてしまっています。安泰です。


 それでもやりたいネタはたくさんあって全然書ききれていませんね。それはそれで嬉しい悩みですけれど。


 そのせいか、連載投稿で二話連続はなくなりましたね。「それより先に進みたい」という感じで、過去より未来を切り開くことに夢中になっています。申し訳ない。


 ただ、やっぱり毎日更新だとストックがあっても心配になるので、先に進みたい欲求があるのはしょうがないですね。逆にそうでもしないとガンガンやらない気がするので、追われる感じが私は好きです。現在はぶっちぎってますけど。



 前期も後期も十二英雄伝と同じく終わりのストーリーは決まっているので、ある意味においていつでもそこに向かって進められますから、好きなだけエピソードを入れることができますね。


 ただ、そこまでの段階にすら至っていないわけです。連載投稿時に修正するともっと文字数は増えるので、「もしかしたら、前期だけで現在の十二英雄伝を超えるか?」と少し心配もしています。


 そのあたりは自由にやろうと思うので、「そろそろ限界かな?」と思ったらそこのルートに進もうと思います。


 本当は後期をやらないと十二英雄伝に繋がらないのであれなんですが、前半だけでも味わいつくして楽しみたいと思っています。


 シェイク・エターナル関連のキャラは後期に出てくるんですよね…やっぱりそこまでやってから十二英雄伝に戻りたいですかね。


 といっても、十二英雄伝でシェイク編になるのはだいぶ先なんですよ。スレイブサーガで出てきたキャラ(その子孫たち)とか、どうせまだまだ出ないのでね…焦ることはないんですけど、単純にスレイブサーガが書きやすいので楽しんでいます。



 しばらくストックに集中するので、当然連載更新は毎日続けますが、ブログのほうはその時々になりそうです。


 そんな感じです。
 ではまた。




「欠番覇王の異世界スレイブサーガ」 小説家になろう版

※クリエイター支援「Ci-en」

「十二英雄伝」 小説家になろう