園島義船、ぷるっと企画の活動日誌DX

ぷるっと企画の活動日誌。
漫画、イラスト、ゲーム、小説の情報を掲載。
http://puruttokikaku.com/

明けましておめでとうございます!

 やや遅れましたが、明けましておめでとうございます!

 今年もよろしくお願いいたします!




 いやー、だらけましたね。


 年末年始は完全にだらけたので、明日からまた少しずつ気合を入れないといけません。ほんと、反省するほどだらけましたね。なんだか申し訳ない気持ちで一杯です。


 さて、語ることといえばもうスレイブサーガしかないのですが、当然ながら今年の目標もひたすらスレイブサーガを毎日連載することです。


 うーん、何度も言っていますが、毎日更新って大変だなぁと思うわけです。ネタは尽きませんから書くことがたくさんありますが・・・それでも「あー、そうか、まだ調整してなかった」と慌てて調整することもありましたね。


 案外時間がかかることもあるので、四話分くらいの調整で一日の作業が終わってしまうこともあります。で、その夜には一日分が減っていくわけですからね。しんどいです。


 正直普通に書き進めるより調整のほうが時間がかかっているので、やっぱりこのへんは根気だな、とは思うわけです。いくら大好きでも、たまには疲れる時だってありますし。


 それでも経験上、一度でも毎日更新をやめてしまうとズルズルになります。うん、わかっているんですよね。過去の体験で散々思い知ったことですし。


 なので、今年はもうこの目標以外は立てません。


 どんなにだらけようが駄目な人生だろうが、スレイブサーガだけはやりきる。これ以外にはないです。



 なんとなく嬉しかったのが、元日更新分がサナのところだったこと。


 まったく狙っていなかったですが地味に嬉しい。今年もがんばれそうな気がしてきます。


 まあ、元旦になっていきなりサナが人を殺すわけなので、そう思うといきなりハードではありますが・・・全体的には雰囲気を損なわず(ダークにならず)、軽快に殺しているとは自分では思っています。あくまで自分では、ですが(;´▽`A


 個人的には子供の時代も丁寧に描きたいと考えています。これはサナだけではなく他のキャラもですね。


 今のところ最低でも三人以上はメインとなる子供が入ってくるので、そのあたりの成長も描いていければいいなーと。



 うーん、そうですね・・・。これも連載前あるいは直後も言っていたことですが、とりあえず前期ですね。前期まではしっかりこなしたい。というか自分が書いた初期プロットの大半が前期イベントに集中しています。


 一番楽しかった時代をできるだけ長く楽しみたいという願望からそうしています。


 作者ですから、私はもう物語の流れはわかっていますし、最期がどうなるかも知っています。


 この前は最後の数話、後期のラストのところを考えていて思わず泣いてしまったくらいです。


 だって、サナとの思い出がたくさんあるし、それだけでも泣けます。さらにこれから増えていくと思うと・・・さらに泣けそうです。


 最終回はパミエルキですけど、やっぱりサナのほうが自分の子供って感じはしますね。こうして子供の頃から世話をしているとね・・・情が移りますよ。


 本当は後期のラストまでぜひやりたいんですけどね・・・まずは前期までという気持ちでやっています。



 正直私の中では、スレイブサーガだけで人生が終わってもいいと思っています。昔から作品に命をかけるスタンスでやってきましたが、いろいろな事情があって全力を尽くせないことも多かったです。それがこんなに自由にやれて嬉しいです。


 その意味では、今は賊王街をやっていた頃のように、この作品で死んでもいいやという気持ちにはなれています。


 もちろん、私はただただ作品を作り続けていたい人間なので、もし生きていたら違う作品もやりますが・・・それだけ日々必死に食らいついている感じでしょうか。


 現状では最終話が何話になるか想像もできません。ぶっちゃけ今の速度でいくと前期の最後まで軽く数千話は必要だと思っています。十年くらいかかるかもしれない・・・だからこその命をかけている宣言でしょうか。


 何があるかわかりませんしね。まあ、途中で死んだらどうしようもないですし、経済的な理由で毎日更新が難しくなるとやばいですね。その意味で前期まではなんとしても、と思っています。


 大丈夫かなぁ。先のことを考えていても仕方ないので、まずはしっかり毎日更新をがんばっていくつもりです。



 では改めまして、今年もどうぞよろしくお願いいたします!




小説家になろう「欠番覇王の異世界スレイブサーガ、小説家になろう」


「欠番覇王の異世界スレイブサーガ」 小説家になろう版


※クリエイター支援「Ci-en」

「十二英雄伝」 小説家になろう






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。