園島義船、ぷるっと企画の活動日誌DX

ぷるっと企画の活動日誌。
漫画、イラスト、ゲーム、小説の情報を掲載。
http://puruttokikaku.com/

これは雑菌系かもしれん

 この症状、風邪と書きましたが、実はもう一つの可能性がありました。あまり触れないようにしていましたが、葛根湯などで緩和されないことからこちらのほうが可能性が高いと悟りました。


 うん、雑菌系かもしれん。


 その一つの理由が、左下後頭部のあたりが幅五センチくらい腫れていること。触ると右側と大きさが違うのがわかります。が、普段自分の後頭部なんて撫でまわさないので、きっと思い込みだろうと思っていました。


 しかし、痛みがあることは見逃せない。


 こうなると最初、もっとヤバイ病気を思い浮かべますが、外部ということで中ではないと思います。それプラス今までの経験上、痛みの感覚で類似してるのが雑菌系で腫れているときの痛みです。


 ためしに患部を冷やしてみたら、頭痛はかなり緩和されました。これが首、肩、背中にまで響いているようです。今もジャンプできないくらい痛むので(なぜか横の動きは普通にできる)、その影響力の強さを感じるものです。


 思えば症状が出る前、何日か後ろ首や後頭部に吹き出物が出来て、普段こんなことはないのでイラッとしたのか、爪でがりがり引っかいて潰していたんですよね。何でそんなことしたのか記憶にありませんが、そこで雑菌が入ったのかもしれません。


 となると回復にはちょっと時間がかかりそうです。


 これ系の症状って痛みがけっこう強くて回復に時間がかかるのが相場です。少なくとも歯に雑菌が入って腫れたときなんて、一ヶ月くらいは苦しんだ記憶があります。医者に行っても消毒するくらいしかなくて、二回目は自力で耐えて回復を待った記憶があります。



 ううむ、今月一杯はそこそこ苦しむことになりそうです。今月は色々と忙しいのに・・・。まあ、人生なんて常に痛みと我慢によって構成されています。私の人生も、ひたすら努力、辛抱、我慢、忍耐によって培われてきました。良い時も悪い時もただただ耐えて、耐え続ける人生。おそらくこれからもずっとそうなのでしょう。


 ただ、原因(患部)がわかると対処の方法があるのでかなり気は楽です。ずっと冷やし続けるのは難しいですが、私の部屋は寒いので必然的に手がやばいくらい冷たくなります。それを押し当てて冷やしながら、手の温度も上げるという一石二鳥の技を駆使しようと思います。


 しかしまあ、頭痛が襲ってくるといってぇえぇええーーーな! って感じの痛みなので、嫌なものは嫌ですけど。


 そんな感じです。












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。