ぷるっと企画の活動日誌DX

ぷるっと企画の活動日誌。
漫画、イラスト、ゲーム、小説の情報を掲載。
http://puruttokikaku.com/

「信長の野望・大志」を買った感想

 買いました。信長の野望・大志。



PV第2弾『信長の野望・大志』



 ちょっと様子を見ていたのですが、あまりに評価が低いので心配になって自分でやってみた感じです。


 もともと無印版の評価って高くないし、信長の野望は古参のファンの方が多いので常に酷評されてしまうのですが、それもまた人気のあるシリーズゆえの悩み。それはそれでいいです。


 まあ、PK商法なんていわれることをやっていれば当然ですけど。


※PK商法:未完成品を普通に売って、その後に集めたデータをもとに完全版(追加版、パワーアップキット)を出す商法。普通に買うと一つの作品に二万円は出すことになる。


 他のところでは聞いたことがないやり方で、よくよく考えれば相当あくどいものではあります(中途半端なところで終わって続編を出すパターンはよくありますが)。ファンの多い信長だからこそやれている感じですね。それでもかなり問題がありますけど・・・



 で、感想ですが



 骨組みとしては面白い


 という感じです。


 そう、骨組みとしては。


 何事もまず本筋(骨組み)を作って、そこから肉付けしていくわけです。もし私が責任者ならば「うん、まずゲームとして最低限は動くね。じゃあ、ここから肉付けしようか」という話になります。


 それをそのまま出してしまうのがコーエークオリティ!!(有料、しかも高い)


 しかし、それはもうわかっていること。そこに怒りを感じる人は低評価になるのは当然です。私はすでに達観してしまい、「コーエーだから仕方ない」とは思っています。そうした甘やかしで相手がつけ上がることも承知ですが、他に面白いのがないのだから仕方が無い。完全に足下見られてますね。



〇ざっくり感想


・戦闘は面白い
・命令フェイズの感覚が短いと思っていたけど、いざやってみると「早く止まってくれ!」とか思うこともしばしば。
・単独での単純な力押しができない(挟撃、士気低下がある)
・作戦は面白い。高度に進化する可能性が見える
・地形効果は一応あるけれど、もっとマップ上で戦術的にしたほうが面白い
・兵の集結も案外悪くない


・直虎ちゃんが異様に可愛い

・直虎のためだけに買ったともいえます。どんどん可愛くなっていく。


・攻城戦はおそらくPKで追加予想
・マップの綺麗さを謳っていたわりに少し簡素(PS4版)


・PS4ではこれが限界。
 正直、創造のときのほうが綺麗に見えるから不思議
 あくまでゲームなのだから、現実っぽくなくてももっとハッキリしたほうがいいかも
 金山も創造はキラキラしていたのでわかりやすかった


・商圏は意外と面白い。弱小国でも収益がかなり見込める


・内政もPKで追加・・・希望
 個人的にはもっと箱庭を徹底追求してほしい。
 自分が愛着を持てる国、町を作って、それを壊される恨みなどなど、もう少し人間性を求めてほしい。人間性こそすべての面白ファクターだから。


・その他武将関係もろもろ(前作で出来たことはそのうち追加と予想)
・一番の売りであった「志」が若干空気
・新規登録武将、主に女性の見映えが微妙(三国志13PKは絵が華やかで素敵なので、ああいうのを増やしてほしい)
・外交ゲームだけど、簡単に援軍出してくれるので無印はけっこう楽かも


 等々



 正直、書けば書ききれないほど感想と要望はありますが・・・あくまで未完成品として考えれば面白い方向性だと思います。全体的には良いと思うのでPKが楽しみです。


 ただ、それだけ改善点が多いということ


 こうしたい、ああしたい、と思えるようなことがたくさんあるので、それをやればかなりの良作になると思います。方向性はかなり良いと思います。UIは色々と言われていますが、慣れるとそんなに気にならない。あとはキーコンフィグを導入して、自由に割り当て可能にしてくれれば問題ないです。(たぶんしないだろうけど)



 結局、みんなもPK商法に怒っているのだと思います。そして、期待が高すぎるから。本当は無料配布&モニター募集して、それをたらふく詰め込んで製品版にしてこの値段で出せば、多くの人は納得すると思います。


 それができないならば、せめて二千円程度の有志に限定して出してみるとか、最初から意見を求めるための未完成品だと言っておけば、あれこれ良い意見が出てきそうな気もします。・・・まあ、それが駄目って話に戻るわけですけど。


 そう、常々言っているように仕事が中途半端。作っている側もやりたくてやっているわけではないでしょうから、クリエイターとしてはこれはほんと恥ずかしいと思います。「会社がそう言うから仕方なく出す」。それが今の日本企業の失態に繋がるわけです。


 悪いことを言い続けても仕方ない。その悪癖が直らないのならば、もう良い面を見続けるしかない。だから我々もゲームの方向性だけで物を見てあげるしかない。


 これはもうジャイアンと付き合っている感じです。日々横暴(無印)に苦しめられながらも、いざ劇場版(PK版)となれば「友達を見捨てられるか!」と格好良くなるあの人と付き合っている感覚です。


 普段の横暴に耐えかねる人は見限り、それでも最後の煌きに期待する人は投資する。そんな構図が出来ています。



 なぜここまで信長を擁護するかといえば、先月PSプラスのフリープレイに戦国バサラが出ていて、私は初めてプレイしてみました。あまり悪いことは言いたくないのですが・・・


 これは酷い


 これが歴史物でなければよいのですが、もう完全に意味不明です。ゲームはまあ、ああいうのが好きな人もいるのでよいですけど、信長からバサラにいくと、ほんと唖然とします。


 いきなり信幸兄さんで吹いたのは秘密です。最初、これは誰だろう? 真田と書いてあるから、後藤又兵衛かな? とか、大阪の陣のことを連想していましたが、まさかの信幸兄さんでしたね・・・。


 たしかに史実では背が高くてがっしりしていたと聞きますが・・・真田丸の兄さんのイメージが強かったので、ほんとびっくりしました。ああいうものが流行って?しまうのは残念なので、信長にはがんばってほしいわけです。




 一応私は直虎を使って初級プレイしています。(最初は長篠城一つだけ、一つは築城しました)


 徳川、織田、武田、北条と同盟を結び、武田が今川に仕掛けて、今川が瀕死のタイミングを狙って城を四つ奪って滅亡させた感じです。初級ですので、このあたりはぬるかったですね。というより、信長ってよほど差がない限りは、城が五つ程度あれば一気に全国制覇までいけるゲームなんですけど。


 これが超級(無印には無い)で外交なし縛りだと、最初の一つしかない城の段階で詰む可能性があります。信長は縛りがあってこそ面白いので、まあ、そういう感じで楽しんだりするわけです。


 最初試しに単独で今川に挑みまして、最初の戦はギリギリ総大将を倒して勝ちました。倍以上の戦力に対して勝つのはすごい快感でしたね。ただ、その後の後詰にやられて敗北したので、援軍なしの単独一城では厳しいと思い知りました。しかし、やり直して北条から兵を五千借りたら駿府があっさり陥落したので、このあたりは調整しないと危ないですね。


 追加大型アップデートに期待していますが、PKがあるので出るのか微妙なところです。ぜひ出してほしいですけどね。


 などなど、私が長く楽しむゲームって、最近はモンハンと信長しかないので、この二つにはとても期待している感じなのです。


 ファンなら買ってもいい。もう嫌ならPKまで待てばいい。やはりそこに行き着くのかもしれません。私はPKの出る一年間が待てずにやってしまいました。結果的にはもう割り切って楽しんでいます。


 そんな感じです。












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。