ぷるっと企画の活動日誌DX

ぷるっと企画の活動日誌。
漫画、イラスト、ゲーム、小説の情報を掲載。
http://puruttokikaku.com/

白黒だとけっこう難しい

 次の次の話にある伊達VSゼッカー戦での挿絵を描いています。3Dは問題ないです。が、問題はもっと違う点。キャラが雑なので対比がヤバイです。


 あれ? ラフィーナのときってもっと綺麗に入っていた気がしたのですが、背景が楽だったからかな? それにどんなに誤魔化しても3Dであることには違いないので、なかなか共存が難しいです。ゲームみたいにちゃんとキャラもしっかり仕上げてあれば感じないのでしょうが・・・これはなんとかしないとまずいですね。



 そうそう、ここまで作ってあるとべつに違和感は・・・ん? んん?


 もしかして、自分が見慣れているだけか!?


 もしかして、そこそこ違和感あったのかしら。いやいや、それはもう無理ですよ。デモンベインだってこれくらいの差はあったよ!? たしか、たぶん、きっと。


 というか、もう普通に出していますけど、レティシアが戦っている相手って第三部のボスなんですよね。ああ、賊王街も小説で出したい・・・。たぶん出すとは思うのですが、かなりテンポを早くして出さないと終わらないでしょうね。終わらせたい・・・せめて死ぬ前までには。


 賊王街は見せ方としてはハーレム殿下と似た感じになると思います。というより、ハーレム殿下が賊王街の手法を使って描かれている、と言ったほうが正確ですね。賊王街で得たノウハウを使って急造で作ったのがハーレム殿下ですから。



 ふーむ、3Dをもっと雑にする手もあるのですが、そうすると何がなんだかわからない絵になるのでそっちのほうが問題かなと。だったら多少の違和感覚悟でこのまま強行して、ベタや塗りつぶしをつかって調整していくしかないかな・・・。


 それでも変な感じになったら申し訳ない。初めてだから課題ばかりが出て、しばらくは収拾つかない感じになるかもです。ただ、違和感あってもやろうという意欲が重要。それでもやりたいと思えていることが大切です。


 ただ、背景も今までけっこう3D背景や写真に頼っていたので、そのあたりのツケが出ていますね。そっちでリアルになりすぎると、今度はキャラとの対比がまた厳しくなるので・・・。そのあたりの按配が難しいです。


 つーか、十二英雄伝で初めて描くキャラが伊達でいいのかと若干迷っています。まあ、一応ゼッカーもカットインを付ける予定ですが、なくてもいいのかなと思案中。でも、描きたいんですよね・・・ううむ。


 それにアピュラトリスって塔って描かれていますが、実際の寸法を見ると平たい山状なんですよね。ですが、絵で描かれるときはなぜか高い塔になります。だって見映えがいいから。そのへんも絵のマジックというか、楽しい見せ方ですね。


「ちょっ、お前、違くね?」
「いいんだよ、表現だから」


 これが絵の奥深さです。(いや、本当に)



 今日は試行錯誤しています。
 ではまた。












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。