ぷるっと企画の活動日誌DX

ぷるっと企画の活動日誌。
漫画、イラスト、ゲーム、小説の情報を掲載。
http://puruttokikaku.com/

同人(エロ)に疲れてきたかい?

 すごく偶然なのですが、スパロボNEOの参戦作品がよくて、続編出ていないのかなーと調べてみたら公式ツイッターに行き着きました。そこでこういう記事がありました。



 んー、私は久しくスパロボからも離れていたし、アダルト業界からも一年くらい遠ざかっていて、いまやエロ本も買わないし、もちろん同人も見ないし、そっちの情報をまるで知らないのですが・・・


 みんな、同人(エロ)の雰囲気に疲れてきたかい?


 まあ、同人といっても色々とあるのですが、同人のイメージってエロなんですよね。重ね重ね言いますが、あくまでアダルトに関わっている人たちから見てのスタンダードなんですけど、世間のイメージはこっちが強いかなと。


 で、これのコメントがけっこう辛口ですね。最近、公式でけっこう露骨にやることが多いので、そのあたりで嫌気が差す気持ちは同感です。ユニコーンの公式プル陵辱も正直相当引きましたし。昨日のPCエンジンの話で言ったように、何事もギャップが良いわけです。原作の清楚でエロの雰囲気もまったくないキャラが、同人だとなぜかムチムチでエロく描かれる。そのギャップにドキッとするわけです。


 それが現在では公式の段階でエロやそういった描写を狙ってしまうと、あまり盛り上がらないんですよね。たぶんこれもそういうことなんだと思います。もしかして同人を潰しにきているのか? 公式でこれだけやっちゃうと同人の意味がないですしね・・・。レベルも高いですし。


 それプラス、最初に言ったように同人の雰囲気に疲れている人も多いんじゃないかなと思います。私もその一人で、もともと好きではなかったのでなおさら近寄りたくない雰囲気バリバリです。絵としては憧れるし、いろいろと学びたいと思いますけど、ああいう場所に行きたいとは思わないです。


 そうした状況で公式に同人臭(エロ臭?)が流れ込むと、なんだかもう全部が嫌になりそうですね。さて、NEOつながりでガンバルガーの歌を聴いていたのですが、これのコメント蘭に「今のアニメは起業がマーケティングして作った工場製品」みたいなものがありました。これには私も同感ですね。売れそうなものしか作らない。そのために公式は何でもやってしまう。それによってまた疲弊する。悪循環の繰り返しかもしれません。



元気爆発ガンバルガーOP 元気爆発ガンバルガー


 アダルトが普及するのは、今の社会全体に女性的な要素が足りないからです。力と支配という男性の力が台頭してきたので、寛容や優しさという側面が蔑ろにされてきました。戦争や暴力など、今でもそうしたものがありふれています。その中で、人々が女性の側面を求める欲求がアダルトになっています。


 女性の肉を厚めに描く、ムチムチに描くのは包容力の象徴です。昔の絵画でも女性は太めに描かれていたでしょう。女性に求めるのは優しさ、包容力、それがこうした表現になっていくのです。それだけ人が癒しを欲している証拠であり、それだけ疲れているのでしょう。


 また、アダルトは刺激物ですから、ちょっと言い方はあれですが麻薬みたいなものです。刺激的なものばかりに触れていると反応的になって、攻撃的になっていきます。ちょっとしたことで怒りやすくなったり、心の浮き沈みが激しくて安定しなくなります。これも今の社会が抱える問題を反映しています。


 私もアダルトの仕事をやるときは、少しでもエロくと思って描いています。が、それもたまにだから良いのかもしれません。やっぱりずっとやっていると人間として限界を感じてきますね。今は色々なジャンルでやっているので大丈夫ですけど。


 そのうち各業界にも何かしらの変化があるかもしれませんね。


 それじゃまた。














×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。