園島義船、ぷるっと企画の活動日誌DX

ぷるっと企画の活動日誌。
漫画、イラスト、ゲーム、小説の情報を掲載。
http://puruttokikaku.com/

今日は二話アップ。一章終わりが8/1に変更

 仕事が早く終わったので、急遽二話アップにしました。もう一話は、また朝型アップします。


 なので、一章最終話が8/1アップに変更になりました。


 どうしようか迷ったのですが、仕事が思ったより早く終わったので、「明日台風で外に出ない人も多そうだし、ちょっとした楽しみが増えるのはよいことだろう」と思って、急遽二話アップに変更しました。


 こういうとき、まとめて予約投稿していると日付変更がちょっと面倒ですね・・・間違えると怖いです。たぶん大丈夫なはず。



 なんか、スレイブサーガをやっていて妙に強気になっているので、絵の仕事もガンガンやって早めに終わらせてしまいました。


 べつに急いでいるわけではなく、ガンガン迷わずに集中してやると速いってだけの話ですね。


 スレイブサーガは、二章になるとさらに横暴で好き勝手やり始めます。追加もけっこう入れるので、書いているほうも楽しいんですよね。


 ほんと、倫理観とか完全に無視ですから、楽しくてしょうがないですね。



 そんな感じです。ではまた!




小説家になろう「欠番覇王の異世界スレイブサーガ、小説家になろう」


「欠番覇王の異世界スレイブサーガ」 小説家になろう版


※クリエイター支援「Ci-en」

「十二英雄伝」 小説家になろう








まさか私はクズなのか?

 あー、お疲れ様です。


 絵をやりながら、息抜きにモンハンワールドの操虫棍を使っているのですが、めっちゃ面白くてまたハマッいます。


 操虫棍自体は好きでクロスの頃に使いすぎたので、しばらく離れていたのですが、ワールドの操虫棍って五回くらいジャンプ攻撃が連続で繋がるので楽しくて楽しくてびっくりです。


 空中にいればあまり攻撃も当たりませんしね。クロスの頃は軌道修正ができなかったので良い的になっていましたが、ワールドのは面白すぎです。8/2からのFFイベントが楽しみです。



 それはそうと・・・スレイブサーガですが、アンシュラオンがクズとかゲス(褒め言葉)という感想をいただいて、正直少しびっくりしています。


 なぜかって?


 個人的には好青年を描いているつもりだったから、です。


 つまり、私にとってあれは普通の行動だったりするわけです。


 基本的にアンシュラオンの行動は、仮に自分が異世界に行って同じ状況だった場合どうするかを基準にしているので、あれは全部私自身の行動となります。


 となると、あれ? 俺もゲスか?ww


 という感じで思わず笑ってしまいました。



 しかもアンシュラオンはこれからもっと鬼畜、外道、畜生となっていくわけです。力で奪うのは当たり前。それよりもっと非道な行いも増えます。特に敵対勢力に対しては若干引くようなこともしますしね。


 しかし、私は敵には容赦しないので、アンシュラオンも容赦しません。実に楽しみです。ますます私自身の評判も落ちそうな気がしますがw。



 とまあ、まったく何も気にせず楽しんで書いていますね。


 たぶん、ストック2もけっこう追加を入れると思うので、そこでまた欲望全開でやろうと思っています。女の子とのエロも少しありますが、それも増やすと思います。


 うん、だって目の前に女の子(自分の所有物)がいたらとりあえず触るだろうし。


 アンシュラオンの鬼畜道を楽しんでくれているのならば作家冥利に尽きるというものです。



 ではまた!


 今週はガリガリ絵を描いて、来週の月曜日くらいから執筆に戻りたいなーと考えています。




小説家になろう「欠番覇王の異世界スレイブサーガ、小説家になろう」


「欠番覇王の異世界スレイブサーガ」 小説家になろう版


※クリエイター支援「Ci-en」

「十二英雄伝」 小説家になろう









今日からまた絵のほうを

 今日からまた絵の仕事のほうに移りますんで、スレイブサーガの執筆は小休止です(連載は毎日します)。


 まあ、すでに8/2分までアップしているので気が楽です。絵が終わったら、また少し予約投稿を溜めて、スレイブサーガに没入しましょう。それまでしばしの休みです。



 考えてみたのですが、スレイブサーガを書いているのは、やはり今までの反動なのかもしれません。


 もうね、色々と制限があったり欲求不満になることばかりで、そういった不満が全部爆発してスレイブサーガにぶつかっている気がします。


 これはここ数年とかじゃなくて、もうたぶん20年ぐらいずっと感じていることの反動なんだと思います。一切邪魔されず、自分の中にある感情をそのまま表現したくてしょうがなくて、その衝動が激しくてやむにやまれず書いているものです。


 だから、今の私は少し攻撃モードといいますか、好戦的な感じがしますね。何に対しても怖れない状態というか、邪魔なものはすべて排除する的な圧力を持ってやっていますね。


 普通、誰かを傷つけると「悪いことしたな」とか思うものですが、そういった感情がアンシュラオンのようにまったくないです。


 まあ、人間としてはあまり良い状況ではないのですが、クリエイターとしてはエネルギーに満ち溢れているので一番最高の状態ではあります。


 不満 = 爆発 = 作品が出来上がる


 という流れですからね。私の中に溜まった不満はまったく解消しておらず、まだまだ全然物足りません。まったく満足もしないし、怒りすら感じるほど満ち足りていません。


 これは素晴らしい状況です。絵を描きながらも、この状態を維持したいものです。というか、勝手にそうなっているのでしょうがないことなのですが・・・


 こういう状態は、人生の中でたまにありますね。



 しかしまあ、絵に対しての興味が本当にゼロになったので、仕事も淡々とこなすのみとなってしまいましたね・・・。絵に対する希望がまったくないという感じでしょうか。


 やはり文章の世界のほうが広々していて楽ですし楽しいです。それもまた、今まで培ったものがあるからですけどね。


 そんな感じです。
 ではまた!



小説家になろう「欠番覇王の異世界スレイブサーガ、小説家になろう」


「欠番覇王の異世界スレイブサーガ」 小説家になろう版


※クリエイター支援「Ci-en」

「十二英雄伝」 小説家になろう