園島義船、ぷるっと企画の活動日誌DX

ぷるっと企画の活動日誌。
漫画、イラスト、ゲーム、小説の情報を掲載。
http://puruttokikaku.com/

思案しつつ・・・積みゲーが

 あー、なんか今までの反動か、めぼしいソフトをけっこう買ってしまいました。


 まあ、ほぼ中古なので数に対して値段はたいしたことはありません。安いやつを狙って買っていますしね。198円とか500円以内のが多いです。けっこう買ったので、これでしばらくは何も買わないで済みます。




 それはそうと、いろいろと思案しています。


 裏社会編・・・ちょっとやりすぎた感があるんですよね。いや、いずれはやろうと思っていましたし、前倒しでやっただけなんですが・・・


 まあ、正直に言えばやりすぎてもいいんです。


 現状でシナリオには三つありまして、まず連載前に書いたプロットである草案(プロット案)がありまして、次に連載前に実際に書いてみたストック案があって、今更新している投稿案があるわけです。



 その最初の草案では、グラス・ギースは一章のサナ編の後には離れているはずでした。これは領主を殺してしまったパターンですね。それどころか都市を破壊してしまったので、ビッグのときの魔人化が暴走したバージョンです。


 この時はアイラはすでに仲間になっているはずでしたが、逆にホロロがいないなどの違いがあります。


 ですが、ストック案を書いていたときに「これはまずい。都市が発展しない」と思ったので、一旦やめてグラス・ギースを少し発展させる方向にしました。


 もちろん最終的には自分の国を創るわけですが、そのテストをグラス・ギースでやっているわけです。


 なので、プロット案を思えばグラス・ギースをどうしようが問題ないわけです。領主がいる以上、いずれはお別れする運命にある都市ですからね。


 多少どころかけっこうやりすぎていますが・・・まあ大丈夫でしょう。なんとかなるものです。なんとかするのは実際に都市に暮らしている人々なんですが・・・アンシュラオンはやりっぱなしが多いですし。


 まあ、かろうじて及第点のレベルにいくかなぁ、といったところ。整合性という意味でね。とはいえ、そもそも抗争自体が狂気の沙汰なので、止まらなくなるというのは自然な流れかもしれません。


 人間、整合性が常に取れていれば争いなんて起きないわけですし。やりすぎることもないわけですから。それでも止まれないのが人間というものです。


 このあたりは好みなんでね。個人的には好きなんですが、小説全体としては普通のライトノベルとは違う方向性にいっている気がします。



 そういった意味では、こうして日々思案しながら「大丈夫か、これ?」と微調整を続けています。



 そんな感じです。


 ではまた!




小説家になろう「欠番覇王の異世界スレイブサーガ、小説家になろう」


「欠番覇王の異世界スレイブサーガ」 小説家になろう版


※クリエイター支援「Ci-en」

「十二英雄伝」 小説家になろう







あんまりがんばってはいない

 うーん、改めて思うと・・・最近はそんなにがんばっていないかもしれません。


 ちょこちょこはやっていますが、アップするだけで満足している感はありますね。まあ、八月にがんばりすぎたってことで今月はしょうがないですかね。



 これから少しずつ女の子は増えていきます。もうすぐまた一人加わりますし、次の覇王継承編でアイラが仲間になるので、そうなるとツッコミ役が増えてだいぶ安定しそうです。


 今はシャイナに頼っていますが、裏社会編ではバトルが多いので案外出番が少ないですし…。一方のアイラは戦闘にも参加します(嫌々参加させられる)ので、バトルでも出番があります。


 ただ、裏社会編は・・・やばいですね。楽しく書いていたせいか、あと三十万文字くらいありそうです。しょうがない。やるしかない。


 申し訳ない。殺し合いや抗争が好きなもんで・・・映像にするとつまらないかもしれないですけど、文章ならいいかなと。しばしお付き合いください。




 こうしてゲームもやっているわけですが、やっぱり私は事件ものというか、人が死んだりスリリングだったり、そういったものが好きですね。


 べつに恋愛要素があってもいいんですが、軽いものはなかなか馴染めないでいます。和風伝奇ものでも、ガンガン殺しあったりサスペンス的な感じなら大歓迎ですが、そうでないと・・・なかなか耐え切れません。


 でも、恋愛が多いんですよね・・・。それと比べると普通のアドベンチャーって少ないです。



 そんな感じです。


 ではまた!



小説家になろう「欠番覇王の異世界スレイブサーガ、小説家になろう」


「欠番覇王の異世界スレイブサーガ」 小説家になろう版


※クリエイター支援「Ci-en」

「十二英雄伝」 小説家になろう













「次の犠牲をオシラセシマス(一巻)」をやりました

次の犠牲者をオシラセシマス ~君とこの果てることない暗闇を~ (通常版) - PSP
次の犠牲者をオシラセシマス ~君とこの果てることない暗闇を~ (通常版) - PSP
BOOST ON
2011-10-06
TVゲーム


 昨日始めたら面白くて、ちょうど疲れていたので今日は休みにしてやるかーということでやったのですが・・・


 なんと、すぐにクリアできてしまいました。


 三人の視点で~と書いてあったので、まずクリアして「さあ、真相を違う視点で楽しむぞ!!」と息巻いていましたが・・・別売りでした。


 これは何の情報もないまま、なんとなく商品説明だけを見て買ったのでしょうがないですが、今レビューを見に行ったら一巻に関しては、みなさん「短い!!」ということでお怒りでしたね。


 たしかに三巻分まとめていたら、ちょうど一本の長さになったと思うので、私も今とても中途半端な気分です。身体が温まってきて、これからが本番というときにお預けをくらった感じですね。




 内容もキャラもいいと思います。けっこうヒントもあるので、やりながらシリアルキラーが誰かの予想もつきます。ただ、最後の一人がまだ「確定」ではないので、続きが気になるところです。


 キャラは最初「うーん、ごとPさんっぽい描き方を踏襲している人もいるんだなぁ」と思ってクリアしたら、思いきりご本人でしたね(^▽^;)


 言われてみればそうなんですが、しばらく見ていなかったので・・・あまり意識しませんでした。


 一巻のヒロインが万能すぎるというレビューもありましたが、自分的には臨床試験のバイトで飲んだ薬で確変した、という設定で見ていたのですが・・・違うんですかね?




 ゲームは自分の世界に入ってどっぷり楽しむのが好きですが・・・しょうがない。


 二巻は実況プレイ動画で見ます。


 嫌だけど。


 嫌いじゃないんです。ただ世界観にどっぷり浸って楽しみたいだけなんです。他人の感情や思考が入ると、私の中の楽しい世界が少しでもぶれてしまうのが嫌で、小説にしても作品にしても単独で作ることを好みますね。


 まあ、今日はこのまま休みにして、ゆっくりします。




 あと、スレイブサーガの既出キャラのHPとBPをちょっとだけ上げておきました。


 ビッグがね、成長すると3000~4000とアンシュラオンが言っていたように、それから逆算すると今までのが少なかったんですよね。


 マキさんが一番上がったかな? HPが1200台から400上がって1600台になっています。


 マキは戦士タイプでも成長率が攻撃主体なので、HPが少ないタイプの武闘家という感じです。強力な攻撃でガンガン敵を倒しますが、打たれ弱いキャラです。ヨシュア系ですね。


 その分、スキルがあるので鉄壁門と我慢が耐久防御系のスキルなので、それで持ちこたえます。


 裏社会編は、アンシュラオン以外のキャラ同士の戦いが多いので、そういったところも見所で、マキも戦闘シーンがある予定です。けっこう土壇場で「こっちのほうが面白いかも」と、方向修正をすることがあるので確定ではありませんが・・・。


 時々ね、「こいつとこいつが戦ったらどうなるんだ? どっちが強いんだ?」という疑問が湧き上がって戦わせたくなるんですよね。



 そんな感じです。


 ではまた。



小説家になろう「欠番覇王の異世界スレイブサーガ、小説家になろう」


「欠番覇王の異世界スレイブサーガ」 小説家になろう版


※クリエイター支援「Ci-en」

「十二英雄伝」 小説家になろう