園島義船、ぷるっと企画の活動日誌DX

ぷるっと企画の活動日誌。
漫画、イラスト、ゲーム、小説の情報を掲載。
http://puruttokikaku.com/

十二英雄伝 54話 アップ

 しました。今さっき。


 話の流れ的に「剣義の名のもとに」を先に入れました。あそこで先延ばしにしても気になりますしね。その代わり本格的な戦いは、完全新作の零章第四部にまとめようかと思っています。第四部でRD事変は終わります。


 それと関係ない話なのですが、前々から言っているように「ぷるっと企画」の存在意義に少し迷っています。今後どうしていくべきか、何を期待されているか等々含めて。


 もちろん続けていく(残していく)つもりではいます。なぜかというと、私自身だいぶ前に「ここは潰れない。個人でやっているから」と明言していました。そう、個人ならば死ぬまで潰れないのです。自ら潰さない限りは。


 全然知らなかったのですが、エロゲー会社のエルフが潰れたことを今にして知りました。学生時代エルフといったらエロゲーの中では最大手だった気がします。私もエルフのグラフィッカー募集に応募した記憶がありますし(落ちた)。


 こうして次々と潰れていくのを見て、改めて自分が選んだ道は正しかったと思います。あくまで潰れない、継続するという意味合いでは、ですけど。ただ私自身があっさりとエロを放棄するとは思わなかったので、当時の私からすれば意外ではあります。


 これもまた年齢による影響も大きいですね。やっぱり四十歳が近づくと身体的に相当落ち込みますね。特に性欲面。もともと修行で抑制していたわけですが、正直必要ないなら排除してくれてもいいくらい使わないものです。一応機能として残っているにすぎません。


 それに自分は常に社会に対して正しい影響力を行使したいと願っています。それを思えば、現状は必然だったとは思います。また、今までの経験によって得た力は大きく、今の仕事にも大いに役立っています。まさに導きの結果でしょうか。



 とまあ、ぷるっと企画自体は小説以外は半休止状態ですが、一応普通のオリジナルの絵なら受け付けていることを思い出しました。もう単に置いてあるだけなので依頼はほぼないですが・・・今は美少女絵に嫌悪感を感じているので、そのほうがよさそうです。


 (依頼される)イラストレーターはやっぱりあまり性に合わないかなーとは思いますね。芸術の要素が多いので、今のほうが合っている気がします。もっと自由に、もっと大きく雄大に絵と物語を描いていきたいですし。


 そんな感じです。
 ではまた!











×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。